特集
カテゴリー
タグ
メディア

写真撮影の照明用テントをDIY

使うのは白いブリストル紙(重くて硬く表面が滑らかな厚紙)、照明文房具(テープ、のり、定規)。まず箱の壁の部分を切り、へりと箱の下の部分は原型を保っておきます。そして曲がっていないブリストル紙を箱に貼りつけ、他の部分を布で覆います。ネタもとのブログ「Digital Photography School」には、この照明用テントの作り方が写真つきで詳しく載っているので、紹介している作り方にしたがって作ってみてください。

終わったら、箱の中に照明を入れて写真を撮ってみましょう。小さな物が、すごくプロフェッショナルな仕上がりで、きっと撮れますよ。なんと言っても、こんな安上がりなDIY照明用テントで撮ったとは信じられない仕上がりに、誰もが驚くはずです。

How to Make an Inexpensive Light Tent [Digital Photography School]

Tamar Weinberg(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

オークション映えする写真の撮り方

写真映えを良くするための10の秘策

iPhoneで世界をサイケデリックに激写!(動画あり)

手持ちのコンパクトデジカメを5倍楽しむ方法

夏だ花火だデジカメだ!デジカメで花火をきれいに写す9つのTips

swiper-button-prev
swiper-button-next