特集
カテゴリー
タグ
メディア

12月9日は、マウス40歳の誕生日でした

「Macworld」の記事によると、なんでも生みの親であるダグラス・エンゲルバートさんが、サンフランシスコのコンピューターカンファレンスでお披露目したのが、1968年12月9日。それ以降、デカくなったり、小さくなったり、ボタンが増えたり、減ったりしながら進化を遂げてきたのですね。

ちなみに、エンゲルバートさんがスタンフォード大学の研究所でマウスのプロトタイプを作ったは1963年。世に公開されるまで、5年もの助走期間があったようです。とはいえ、その後の普及ぶりを考えたら、必要な時間だったのかもしれません。

ところで、上の写真は、1983年に発売された一番最初のマイクロソフトマウス。値段は195ドルだったようです。なんとも80年代的な空気が、非常にうれしい感じのポスターですよね。

さて、今後の40年、マウスはどんな進化を遂げるんでしょうか? 他にデバイスに取って代わられる? ま、いずれにしても、ボクの肩こりをなんとかしてくれる機能がついてくれるといいんですが...。

The computer mouse turns 40[Macworld]

原文/オサダシン)

【関連記事】

米Lifehackerが選んだ、史上最強のマウス10選

ノートパソコンに貼り付けるマウス「Logitech V550」

『ClickGone』を使えばマウスで簡単にアプリをクローズ

Macでは、右クリックに「enter」を仕込むとチョー便利

反復動作を見直して、座りっぱなしでもできるだけ健康的に

swiper-button-prev
swiper-button-next