特集
カテゴリー
タグ
メディア

女の子に年末の挨拶メールを送る5つのメリット

女の子と接点が少なくなりがちな年末ですが、勇気を出して、女の子に対して「年末の挨拶メール」を送ってみてはいかがでしょうか。意外と手薄になってしまう「年末の挨拶メール」ですが、大きなメリットがあります。今回は、女の子に年末の挨拶メールを送る5つのメリットをご紹介させて頂きます。

【1】 しばらく連絡を取っていない女の子にメールを送るキッカケとなる

普段の生活において、しばらく連絡を取っていない女の子に「最近どうしてる?」などとメールした場合、自然な振る舞いではありません。場合によっては、女の子に不信感を与えてしまうこともあります。一方、年末のタイミングであれば、「年末の挨拶」という大義名分があります。久しぶりに連絡を取っていない女の子に対して、メールを送ることも比較的自然な振る舞いとなります。勇気を出してメールしてみてはいかがでしょうか。

最近メールを送ってなかったメールアドレスをチェックしたところで、残る4つのメリットのご紹介は以下にて。

【2】 自分の近況報告ができる

年末の挨拶は、「一年を振り返る」内容がメインとなります。従って、自分自身の一年の過ごし方を伝えることも可能となります。普段のメールでは、異動や転職など大きな変化がない限り、自分の近況を報告する機会はなかなかありません。この年末のタイミングで、ちょっとした近況報告をしてみてはいかがでしょうか。相手に自分のことを知ってもらえるチャンスです。ただし、自慢話にならないように、控え目な表現に留めましょう。

【3】 女の子へ感謝を伝える絶好の機会となる

年末の挨拶メールでは、「この一年の振り返り」という過去に対する内容となります。年末メールであれば、相手に対する感謝の言葉を伝えることも自然となります。「感謝の言葉」を伝えられることは嬉しいものです。もちろん、女の子も例外ではありません。感謝の気持ちをシッカリと伝えて、女の子の気持ちを高めてあげましょう。

【4】 返信して貰える可能性が高い

メールが殺到するお正月メールに比べて、年末の挨拶メールであれば、じっくりと読んで貰える可能性があり、メールを返信して貰える可能性が高まります。しかし、返信を期待しているような不自然な疑問文を避けるようにしましょう。無理やりな疑問文や不自然な疑問文は、女の子のメール返信意欲を低下させ、返信が貰えない状況に発展し兼ねません。返信の見返りを期待する気持ちを抑え、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

【5】 自然にお正月メールを送ることができ、コミュニケーションの機会が増える

久しぶりに連絡する女の子だった場合、唐突にお正月メールを送るより、年末の挨拶メールを送っておいた方が、お正月にメールすることも自然なコミュニケーションとなります。お正月メールの前の準備運動と位置づけ、年末メールを送ってみましょう。また、年末とお正月という短期間に、メールをやりとりする機会も増えることで、心理的に近づくことも可能となります。年末の挨拶メールをキッカケに、お正月にはデートの約束を取り付けることができるかもしれません。

皆様の手厳しいご意見をお待ちしております。良いお年を。

(スゴレン)

【関連記事】

デートを確約するには、「二者択一」がベター

具体的に提案したい!冬のデート5パターン

女の子からメール返信が来なかったときの5つの心構え

携帯メールで女性をデートに誘うときの3つのコツ

聞き上手になる第1歩は、相手の身ぶりをまねること

swiper-button-prev
swiper-button-next