特集
カテゴリー
タグ
メディア

なぜ、腕立て伏せをするべきなのか?

「The New York Times」が報じるところによると、このエクササイズを健康の指標として、さらにマジメに考えるべきなのかもしれません。以下、記事の抜粋です。

「腕立て伏せ」は健康づくりのための最終的なバロメーター。胸だけでなく腹部、ヒップ、足など、身体全体の筋肉群を検証できるため、高齢者にも重要なエクササイズなのです。そのため、それを何回できるかが、老化の厳しさに耐える能力を示す、重要な指標となります。

では、何回できればいいのかというと、男性なら20代37回30代30回女性なら20代30回30代24回、最低できるようにしておきたいとのこと。この回数の詳細は、「washingtonpost.com」のコチラの記事を参考にしました。

ちなみにネタ元「The New York Times」では、ビデオで腕立て伏せの正しい姿勢についても紹介。以下に、訳しておきましたので、その気になったらぜひ!

1. まず、両手の親指と人差し指で、三角形を作ります 2. 手の形はそのままにしたまま、腕を平行に広げます 3. 広げた両腕は、自分の肩の幅にするのが基本です

※なお、手首を横に広げすぎると、痛めてしまうので注意してください

さてさて、ちょっとはやる気になりましたか? なかなか続けるのは大変だけど、見た目もよくなるし、健康にもなるし、一石二鳥と割り切って、がんばってみてくださいな。

An Enduring Measure of Fitness: The Simple Push-Up [NYT]

Adam Pash(原文/オサダシン)

【関連記事】

まとめ:秋だ! いまこそ 腕立て伏せ !

今までの運動前のストレッチ方法は間違っている!?

IT関係の人に贈る、お手軽フィットネス術・7つのコツ

これであなたもエクササイズの虜になる! アイデア&ITツール

野菜摂取と食費節約をサポートするキッチンアイテム

swiper-button-prev
swiper-button-next