特集
カテゴリー
タグ
メディア

自分の恥ずかしい情報をネットから削除するのは不可能!?

例えば、新聞や雑誌などの映画の評価の記事をまとめて掲載しているウェブサイト「Rotten Tomatoes(直訳すると「腐ったトマト」)」にたまたま記事が掲載されてしまったライターの例。個人的にこのサイトは好きだけれど、サイトのことを知らない将来のクライアントがRotten(腐った)という言葉と自分の名前がつながっているのを見て不快な思いになるのでは、と心配して削除を希望。でも削除するための有効な対策はないようです。

はっきり言って、このライターができることは、そのRotten (腐った)とライターの名前を組み合わせて検索をしても、検索結果の最初のページに「Rotten Tomatoes」のコンテンツが出てこないようにすることくらいです。その為に、この検索ワードを入れた時に、良い検索結果が出てくるようなコンテンツを作っておきましょう。

他に、関連情報として米ライフハッカーの過去記事で紹介している「オンラインでの自分の評価をマネジメントする方法」もチェックしてみてくださいね。また、自分の悪い評判や恥ずかしい情報をネットから削除するのに成功した方は、ぜひコメントにその方法を書き込んでください!

「知り合いの名前を検索」したことある人は、結構多いみたいですしね。

Deleting your digital past -- for good [Computerworld]

Jackson West(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

Google Newsで過去の新聞検索スタート(英語のみ)

Twitterで、情報収集しませんか?

まとめ:Google Hack 20選@ライフハッカー

「Google Maps Mobile」にストリートビューと「行き方ガイド」が追加されました!

政治家の発言をキーワードで比較する「In Quotes」

swiper-button-prev
swiper-button-next