特集
カテゴリー
タグ
メディア

パーフェクトな第一印象を残すコツ

まず最初に影響力のある人に会う時は、その場に合ったきちんとした格好をするのは当然。求められたら自信のあるそぶりで握手をし、はっきりとした発音で、堂々と話すといいとのこと。

適度な早さで、はっきりと、抑揚をつけて話しましょう。棒読みのような退屈な話し方にならないように。また、相手の言葉遣いに合わせるといいでしょう。

今回の面接で希望している仕事と関係ないスラングや業界用語は絶対に使わない。適切な文法と用語を使い、しっかりとした教育を受けてきたことを示すべきです。相手にあなたのことを理解されなければ、好きになってもらうことも難しいのですから。

この他にも、

・個人的な雰囲気にして仲良くなるために、面接官を名前で呼ぶ

相手の目を見たり頷いたりして、話を聞いていることを知らせる

・「なぜこの会社に入ったのか」など、相手のことも聞いてみる

などです。

面接のような場合、第一印象が転職の成功や昇進に大きく影響し、チャンスをふいにするかもしれないことを肝に銘じておきましょう。自分らしく、でも好きになってもらう努力も忘れずに!

Make Yourself Stick with these First Impression Tips [The Art of Manliness]

Tamar Weinberg(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

転職活動で破っても大丈夫な7つのルール

自分の履歴書を見直し、書き直す理由とは

転職希望先へ、自分の給料をいくらで提示する?

自分をシャープに見せる10の簡単な方法

庶民の収入でも「ワールドリーダー」に見せるファッション術

swiper-button-prev
swiper-button-next