特集
カテゴリー
タグ
メディア

今までの運動前のストレッチ方法は間違っている!?

研究者によると、多くのアスリートがウォームアップのためにおこなっているストレッチは、時間の無駄になるだけでなく、身体に良くないそうです。昔から言われている「身体を伸ばす時は20〜30秒身体を静止させておこなうと、筋肉が準備される」というのは全くもって、間違い。実は筋肉を弱くしてしまうのです。

でも、身体を静止させるストレッチ方法が間違っているのなら、どうすれば筋肉を傷つけずに身体をウォームアップすればいいのでしょうか? 記事によると:

正しいウォームアップをおこなうには、次の2つが重要です。

筋肉と腱を緩めて関節の動きを上げること、そして、文字通り身体を温めることです。

その方法としては、軽いウォームアップ運動体温を上げることが提案されています。必ず軽い程度にしておくことと、本格的なワークアウトの直前におこなうようにするのがポイント。

さらに、具体的なストレッチ方法としては、今までの静止型のストレッチのではなく、身体を動かしながら筋肉を動かすダイナミック・ストレッチを行なうと良いと書かれています。スウィング足の上げ下げ、スパイダーマン(壁を登るような感じで、手足を使って床を大きく動くこと)などが良いようです。時々エクササイズする人も、運動が大好き! という人も、正しいウォームアップ方法をもっと詳しく知りたい人は、ネタ元の記事に当たってみてください。

Stretching: The Truth [NYT]

Adam Pash(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

IT関係の人に贈る、お手軽フィットネス術・7つのコツ

まとめ:秋だ! いまこそ 腕立て伏せ !

ハイテクなガジェットを買わなくてもすぐに使える走行距離測定~ジョギングシミュレーター(無料)

脳のストレッチ、それに「カイゼン」のススメ

これであなたもエクササイズの虜になる! アイデア&ITツール

swiper-button-prev
swiper-button-next