特集
カテゴリー
タグ
メディア

ネットブックを快適にするサービスはいかがでしょうか?

  • カテゴリー:
  • TOOL

いま最も熱いPCと言えば、ネットブックではないでしょうか?

さまざまなメーカーから競うようにマシンがリリースされているので、ユーザーは自分の好みに合うマシンを選ぶことができます。私も多分に漏れず、サブマシンとしてAsusの「EeePC 1000H-X」を購入して活用しています。

ネットブックは、インターネット用途をメインとして、割り切った仕様のモデルが多いため、2台目の用途して利用される事が多いと思いますが、こうした用途の場合、メインマシンとデータ共有が快適に利用するコツになると思います。そこで、メインマシンとのデータ共有をテーマして、ネットブックを快適にしてくれる、お気に入りのネットサービスを紹介したいと思います。

ネットサービスの紹介は、続きで。

---

■オンラインストレージ「Dropbox

081112drop.jpg
ネットブックの場合、記憶装置の容量不足を補うために、Windows Live SkyDrive等のオンラインストレージサービスを活用する方法が考えられますが、記憶装置の空き容量に余裕があり、違ったサービスを使ってみたいと思ったならば、「Dropbox」はいかがでしょうか?

「Dropbox」のクライアントソフトをインストールすると「マイ ドキュメント」の中に、以下の機能を持つ「My Dropbox」というフォルダが作成されます。

・複数のPCにまたがって、ファイルを自動同期する機能。

・特定のメンバーとファイルが共有できる機能。

・誤ってファイルを上書き・削除してしまった場合に、元に戻せる機能。

メインマシンと同期したいファイルを、このフォルダに保存するように心がければ「しまった。ファイルが無い」とか、どちらかのマシンで、勘違いしてファイルを上書きしまった時に、元に戻すことが出来るので活用出来ると思います。私は、作成中の資料や原稿などを「Dropbox」経由で扱うようにしています。

また、ライフハッカーでも紹介されましたが、KeePassのデータベースを「Dropbox」に保存すれば、メインマシンとネットブック間でパスワードを同期するような活用方法も考えられます。

「Dropbox」は、ローカルディスクにデータを保存し、専用ソフトでサーバーのストレージに対して、同期/バックアップを行うので、ネットワークに接続されていなくても利用することが可能です。

---

■オンラインメモツール『Evernote

081112ever.jpg
PCを、メモツールとして活用している方も多いかと思います。

私は、ミーティングには必ずPCを持ち込んで、メモを書き留めたり、必要であれば、その場で調べ物してミーティングを進めるような使い方をしています。

メモ書きだけならば、テキストエディタと先で紹介した「DropBox」の組み合わせで使えば、メインマシンと同期が取れますが、後々の整理や書き貯めたメモの検索する等の使い方を考えると、使い方に則した仕組みが欲しくなります。

そこで、『Evernote』の出番です。

これは、Windows、Mac OS X, WindowsMobile, iPhone向けの専用クライアントが配布されています。このクライアントソフト使えば、メモに、作成日、更新日、タイトル、タグを付けて管理でき、書き留めたメモを検索することも可能です。また、作成したメモは、サーバーと同期するので、メインマシンにも専用クライアントをインストールしておけば、同じ内容で同期することも可能です。

Evernoteのクライアントもネットワークに接続されていなくてもメモを取ることができます。

---

紹介したネットサービス以外にも、ネットブックをより快適にするサービスが存在していると思います。ライフハッカーの読者の皆さん、お気に入りのサービスがあれば、コメントで紹介していただけませんか? よろしくお願いします!

[Dropbox, Evernote]

(傍島康雄)

【関連記事】

【アンケート】 2万円のネットブック、もうすぐ登場! って...ぶっちゃけ買う?

『Dropbox』を無敵のパスワード同期ツールとして活用する方法

【アンケート】職場でのノートの取り方って?

ファイルを共有・販売までできる無料6GBオンラインストレージ

大容量オンラインストレージ「Wuala」でファイルの保存&共有 (lifehackerグループもあるよ~!)

swiper-button-prev
swiper-button-next