特集
カテゴリー
タグ
メディア

『KeyRemap4MacBook』でWin用キーボードをMacでも快適に

職場ではWindows、自宅ではMacという人に、オススメ。

以前、ドサ健さんがテンキーレスキーボードの話を書いていましたが、私もミニキーボードを使ってます。職場Win、自宅MacとOSは違っても、手の動きになるべく違いを出さないよう「ノートPC+19インチワイドモニタ+MightyMouse+ミニキーボード」という同じ構成。

このうち、モニタ・マウスまでは同じメーカーのものを使っていましたが、Macに正式対応している用のミニキーボードは数が少ないのが悩みのタネでした。正式に対応しているのは、ミニキーボード定番中の定番「HHK」、Apple純正の「Apple Wireless Keyboard」、UACの「MC88」くらい。

数年前の私は、3つのなかから一番リーズナブルだった「MC88」を選んで、カチカチ(打鍵音が大きい)打ち込む日々を送ってきたわけですが、職場のWinで使っている「SKB-SL09」のキータッチがあまりに快適だったため、とうとう先日自宅Macのキーボードも「SKB-SL09」へと更新。そこで突き当たったのがキーリマップの問題でした。

同じ壁にお悩みの方は、以下にて続きをどうぞ。

Winのショートカット、例えば「Ctrl+C」と同じ指裁きで、Macの同じショートカット「Command+C」を実現するには、CtrlキーをCommandに割り当てる必要があります。こちらこちらのページを参照して、『PSJ.keylayout』やMSのMac用キーボードドライバで挑戦したものの、どうしてもWindowsキー or Altキーにしか、Commandキーを割り当てられない...。トリニティーワークスの『WinK for OSX』を使っても、その1点が突破できず...。

と、諦めかけたときに見つけたのが、Tech Gagaというブログの「MacとWindows ( Boot Camp・VMware・Parallels ) を快適に使うためのキーボードユーティリティ9種」という記事。こちらに載っていた『KeyRemap4MacBook』というキーリマップソフトを入れたら、無事にControlキーへCommandキーを割り当てることができました。

081109keyboardformac02.jpg
※クリックで拡大

CtrlキーをCommandキーに割り当てるには、「KeyRemap4MacBook」のインストール後、システム環境設定→「KeyRemap4MacBook」をクリック→「Remap Control_L Key」をクリックし、「Control_L to Command_L」にチェックを入れる、という手順になります。

これで、Winのショートカットと同じ指使いで、Macのショートカットを使用できるようになりました。WinとMacを使っている人や、Macユーザーで、種類豊富なWin用ミニキーボードのなかから使用機を選びたい人に、オススメです。

KeyRemap4MacBook[via Tech Gaga

(常山剛)

サンワサプライ USB&PS/2スリムキーボード SKB-SL09W
MacBook用には白を使用してます
USB&PS/2スリムキーボード SKB-SL09W

remote-buy-jp2._V45733929.jpg

【関連記事】

Mac Exposeの生き写し、Win用ツール「DExposE2」(無料)

「Synaptics」でWinノートのトラックパッドにMac仕様の指使いを追加

WindowsとMacの究極の共存方法

美しいLinux『Conky』の設定をWin&『Samurize』で再現

いっそのこと、「テンキーなし」という手もあるんじゃね?

swiper-button-prev
swiper-button-next