特集
カテゴリー
タグ
メディア

今年7月リリースのGoogle版セカンドライフ「Lively」が12月に終了

  • カテゴリー:
  • TOOL

今年の7月にGoogleがリリースした「Lively」。英語版のみだったこともあり、日本ではほとんど話題になりませんでしたが、アメリカでも世間の耳目は集まらなかったようです。Google公式ブログに「もうこれ以上やらないよ」というエントリーがアップされたそうです。どうやら12月にはサービス終了だとか。見切りをつけるときの思い切りの良さはGoogleらしいと言えるかもしれませんが。

TechCrunch日本版によれば、Google Chromeに対応してなかったそうです。すでにそのころから前兆は見えていたのかもしれませんね...。アクセス推移のグラフも、IPOバブルだったころの株価チャートのようです。

もし、希少種であろうLivelyユーザーがいましたら、ぜひコメントにて感想を。

Kotaku

Adam Pash(原文/常山剛)

【関連記事】

要らなくなったスピーカーのセカンドライフ

写真をイラスト化してくれるサイト「BeFunky」

3Dモデリングツール『Google SketchUp 7』(英語版)がリリース

YouTubeが1280×720pxのHD画質に対応

『Vistumbler』でWi-Fiスポットを検知し、地図に表示(無料)

swiper-button-prev
swiper-button-next