特集
カテゴリー
タグ
メディア

『Foxit Reader』が更新されました! Firefoxからのインライン閲覧に対応

Windowsのみ : 『Foxit Reader』、AdobeのAcrobat Readerの代用品として我々の前に登場したPDFビューアーバージョン3.0に更新されました!

追加された機能の中でもFirefoxユーザにとって一際重要なのはPDF文書を『Foxit Reader』のFirefoxプラグインとして使用することが出来るようになり、インライン閲覧が可能になったということ。つまり従来ではPDFへのリンクは別途アプリを立ち上げなくてはならなかったのですがFirefoxのタブ内から簡単にPDFが見れるようになったわけです(Acrobat Readerでは対応していた機能ですが、『Foxit』では今回から対応)。

それ以外にも下記のような新機能が!

■ マルチメディアデザイン対応

ユーザーはマルチメディアを『Foxit Reader』で再生するだけでなく、マルチメディアファイルの追加、削除、編集を動画ツールや音声ツールを使って行うことができるようになりました。

■ 添付パネル

PDF文書に添付された全文書がリスト化され、添付を開いたり、削除したり、説明を追加したりなどの共通オプションが多数用意されています。添付を開く場合のセキュリティー設定の変更もこのパネルから行えます。

■ サムネールパネル

それぞれもPDFページのサムネールイメージを表示し、PDFファイル内で必要となる部分をすぐに探し出せるようになっています。

■ レイアウトパネル

文書内のPDFレイヤーをリスト化し、ある特定のコンテンツエリアの表示をユーザが操作できるようにします。

■ メトリックユニットサポート

「Preference dialog box」からページの大きさをセンチまたはインチで指定出来ます。

■ ミドルマウスボタンで自動スクロール

「Hand Tool reading」モードからミドル(ホイール)マウスボタンを押せば自動スクロールするように設定可能。

■ 「Foxit OnDemand」コンテンツマネジメント

この新アドオンはユーザがオンライン上で文書やフォームを共有、共作できる新機能。『Foxit Reader』からの簡単アップロード、または文書送信によりアップロード。その他の高度な機能としてはワークフローに沿った文書共有、文書変更、「CollabRoom」を使えばグループコラボレーションも可能です。.

■ Firefox サポート

Firefoxプラグインを使えば、Firefoxブラウザ内でPDFファイルを読むコトができるように!

もちろん、『Foxit Reader』はUSBドライブからでも使用可能なので、どこにいてもPDFの閲覧はちょいのちょいで出来ちゃいます。『Foxit Reader』は無料ダウンロード。(もっと高度な機能が必要な方には有償のPro版もあります。)Windowsのみ。

Foxit Reader 3.0 [via CyberNet]

Adam Pash(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

PDFファイルをPC内で変換させるフリーソフト

ノートをプリンターで印刷できるPDFテンプレート集

たった3クリックでPDFをWordに変換してくれるサイト

ボクらが好きな「実験的」なFirefoxアドオン6つ

ライフスタイルに合わせたFirefoxアドオンを紹介する「Fashion Your Firefox」

swiper-button-prev
swiper-button-next