特集
カテゴリー
タグ
メディア

『Auto-Delete』でフォルダを常にキレイなままに

  • カテゴリー:
  • TOOL

指定したフォルダのなかにあるファイルに対して、いろんな処理を自動でしてくれます。一定期間が経過したら「消去する」「サブフォルダに入れる」ということも可能ですし、もし指定したフォルダにデータがなかったり、移動してたりしても、元のところに「復活」してくれちゃいます。うっかり移動させて、行方不明になっても安心ですよ。

複数のフォルダに対して処理を指定したい場合には、Windows用では『Belvedere』、Mac用には『Hazel』がありますので、そちらの過去記事もご覧あれ。

Jason Fitzpatrick(原文/訳:常山剛)

-------------------------------

ユルカン PC Life

この記事は「ユルカン PC Life」のサポートを受けています。

-------------------------------

【関連記事】

フラッシュメモリのデータを消去するには

もしも電話を失くしたら... (携帯データのセキュリティ対策)

ハードディスク内のパーティションを作れる無料ソフト

『Darik's Boot and Nuke』でデータを完全削除

ノートPCを安全に持ち運ぶための10のコツ

swiper-button-prev
swiper-button-next