特集
カテゴリー
タグ
メディア

日本語もOKなリアルタイムオンライン文章共有:「Etherpad」

事前登録不要で、日本語でもバッチリでしたよ。

メールや電話、チャットで書類のテキストを作るやり取りをしているときに、「ああ...関係者でいっぺんに添削できたら楽なのに」と思ったことがある人は、きっときっと多いと思います。Googleドキュメントもあるけど、アカウントを持っていない相手の場合、結構面倒くさいですしね。

そんなときは、「Etherpad」の出番です。オンライン・リアルタイム編集が可能なWEBサービスで、アカウントも要りません。使い方はネタ元「Etherpad」のサイトから「Create New Pad」をクリックするだけ、と簡単すぎてかえって心配になるほど。ユーザー追加も招待メールを送るか、その文章の固有URLを送るだけ。

どのユーザーがどこを修正したかマーカー(ユーザー別に色を設定可能)をつけられたり、編集中の文章を保存してその時点まで復帰させることもできたり、チャットも装備されていたりと、シンプルなのに高機能。余計なアカウントやパスワードを増やすことなく、複数人での編集ができちゃいます。しかも、日本語も対応

編集中のWord書類バージョン管理に時間をとられる前に、ぜひ使ってみてください。JavaScriptのハイライト機能もあるので、プログラマーやSEさんにもいいかも。

Etherpad [via TechCrunch]

Kevin Purdy(原文/常山剛)

【関連記事】

「Editra」でコードフレンドリーな編集を

「PureText」でクリップボードの書式をクリア

ちょっとキレイなMS Office用無料デザインテンプレート

物書きスト養成Webツール『Write or Die』

『TaskTome』 で超簡単タスク管理+α

swiper-button-prev
swiper-button-next