特集
カテゴリー
タグ
メディア

「Trapster」でスピード違反取締り対策

  • カテゴリー:
  • TOOL

Transter」はスピード違反取締りをしている地点を教えてくれるWebアプリ。運転中に取締り地点が近付いてきたら携帯電話に連絡してくれる親切アプリも提供されています。

「Trapster」の取締り地図すべてユーザによる入力で、フリーウェイを運転中にトラップを見つけたユーザーが携帯アプリ上でボタンを押すとその場所が登録される、という仕組み。すでに登録された地点に別のユーザーが近付くと携帯に連絡が行き、その地点に本当にトラップがあるかどうかを確認登録します。

今のところアプリはWindows Mobile、BlackBerry、NokiaN95やその他のS60のスマートフォンに対応。iPhone3Gももうすぐ対応する、とのこと。まだ運転中に「Trapaster live」を体験できない方もウェブ上でログインすればブラウザ上でトラップの場所の確認が出来ます。運転社会のアメリカならでは、という感じですが、興味のある方はアカウントを取得してじっくり見てみては?

ちなみに日本語対応はしていませんが、Googleマップを使ったツールなので、日本でももちろん使えます。ただし、利用者が増えないと、正確な情報が増えていかないので、その辺をなんとかする必要がありますけどね...。

Trapster

Gina Trapani(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

アンチ飛行機! 国内近場ドライブのススメ

タイヤにも有効期限があるってご存知ですか?

週末を出費0円で楽しむ100のプラン

swiper-button-prev
swiper-button-next