特集
カテゴリー
タグ
メディア

風邪をうつす前に休暇をとろう!

風邪をうつす前に休暇をとろう!

オフィスの気温調整が難しい時期になりましたね...。

めっきり寒くなったのに油断して薄着をしていた影響か、翻訳のまいるすさんに続いて、私も、恥ずかしながら風邪をひいてしまいました。処方された風邪薬、整腸剤、喘息の吸引薬、点鼻薬などなど、大量の薬を体内に流し込み&吸い込み、マスクをしながら記事を書いているのですが、こういう日に限って「午前中から打合せ!」って予定表に入っていたり...、ま、そんなことはさておき、予防の甲斐なく風邪になったときの、最善の選択はもちろん「休みを取ってたっぷり睡眠」であります。

でも、休暇申請を提出することに、なんとなーく気が引けてしまうのが日本人の奥ゆかしい悪いクセ。「休まなくても、栄養ドリンクと市販の風邪薬でごまかせるかな?」と思って休暇申請をしまってしまうことしきり...という皆さんに心強いアンケートデータがBiz.IDで紹介されていました。そのアンケートによると、

66.1%の人が「風邪をひいてしまったら、周りに迷惑をかけないように早めにキャンセルをする」のがマナーと考えている。

とのこと。さらに、

「無理をしてでも約束を優先すべき」という人の割合は、女性が21.3%だったのに対し、男性は34.5%と、3人に1人が約束を優先する。マナー意識に男女間で差が見られた。

ということですので、風邪の兆候が見られたら、早めに休んで早期に治してしまうのが、自分のため&周りのため、と胸を張って言えそうです。もし「風邪をおして来るのが社会人ってもんだろう!」なんていうことを言っている上司の人がいたら、このアンケート結果を見せてあげるといいかも。

ちなみに東京都限定ですが、風邪の影響で気管支喘息を患ってしまう方には、全額医療費助成制度があります。喘息でお悩みの方は近所のお医者さんへご相談あれ。みなさん、風邪にはお気をつけて!

3人に2人が「風邪なら約束キャンセルすべき」[Biz.ID

(常山剛)

【関連記事】

早川セレクション・気になる記事TOP5(08年9月版)

睡眠のクオリティを高める10の方法

仮病で仕事を休むなら、週の半ばが最適!

うつ病の治療費が3分の1になる方法

swiper-button-prev
swiper-button-next