特集
カテゴリー
タグ
メディア

自分自身の救済策を作ろう

自分自身の救済策を作ろう

失業に備えて、3カ月から半年、必要なお金をとっておきましょう。「雨の日(=失業などをした場合)に備えてお金を用意しておくこと。それが夜もぐっすり眠れるようになるために最も有効な対策です」とBankrate.comのシニアファイナンシャルアナリストのグレッグ・マクブライドさんは言います。ただし、どこにお金を預けるかには注意を。例えばアメリカの貯蓄債券を今買うと、12カ月間は現金にすることができません。

最近の金融危機で、あなたのお金の貯蓄計画は変わりましたか? ぜひコメントで教えてくださいね。また、この不景気を乗りきるための方法に関するコチラの過去記事も、参考にしてください。

A personal bailout plan? Live within your means [TheNewsTribune.com via Get Rich Slowly]

Gina Trapani(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

まとめ:金融恐慌と物価上昇の荒波から身を守る11の技

いつ解雇されてもいいように心がけておく7つのポイント

1ドル節約するために、どこまで頑張る?

swiper-button-prev
swiper-button-next