特集
カテゴリー
タグ
メディア

人生の目標設定って、本当に有効ですか?

「あなたは自分の人生をどう生きたいですか?」

「5年後の自分を想像してみてください?」

よく聞きますよね。でも、ゴールを決めてその目標に向かって走っていくことが、本当に成功への近道だと思いますか?

例えばあなたが、「5年後にはCDデビューして、10年後にはグラミー賞を取る!」とゴールを設定するとしますよね。素晴らしい目標ですが、ミュージシャンになると決めたということは、その他のたくさんの可能性を捨て去ったというのと同じことになるのです。それに、ひとつのことに邁進できないタイプの人にとっては、目標をひとつに決めること自体が重荷になってしまうと言えます。

また、目標を決めてしまうと、それを達成できなかった時には、自分でも嫌な気持ちになるし、周囲からの評価も下がってしまいますよね 。ベストを尽くしたのに失敗したら、自信を喪失してしまうかもしれません。

それに、いくら立派な目標を決めても、私たちは所詮、煩悩からは逃げられない人間なのです。「まだ若いんだし急ぐことはないや」とか「この番組を見てからにしよう」「明日でいっか」と今できること、すべきことをと先延ばしにしてしまうことってありませんか?

米lifehackerのジーナ・トラパーニ編集長は、これから数週に渡って、目標設定の意義について述べるそうです。読者のみなさんは、ご自分の目標をお持ちですか? 目標設定は有効だと思いますか? ご意見を聞かせてくださいね。

Why "Goal Setting" Makes You Cringe

Gena Trapani (原文/訳:山内純子)

【関連記事】

人生最大の過ちから立ち直る方法

よりよく働くために心がけるべき10のポイント

ブルース・リーの教え「不要は淘汰するのみ」

swiper-button-prev
swiper-button-next