特集
カテゴリー
タグ
メディア

100ドル以下でMacBookのHDDを80GB→500GBに

この方法はとても賢いのです。というのは、モルターさんは何も入っていない新品HDDを買うかわりに、安い外付けのUSB HDDを買い、外装を取り外してMacBookへ入れ替えているのです。すでに自作PCを持っている方には当然ですが、オリジナルのドライブのバックアップもできるし、また、元々MacBookに入っていた内蔵ハードドライブは手元に残ります!

自前で交換することで、アップルで交換した場合に比べてコストは半額以下。古いドライブは便利なバックアップとして保管しておけるほか、ちゃんとフォーマットしなおせばeBayで売れるそうです。もちろんこのアイデアは、MacBookに限らず、2.5インチHDD(ほとんどのコンピュータがそうですが)を内蔵しているノートPCで実践できます。スクリュードライバー1本だけでできるシンプルさも、嬉しい点です。

ちなみに、ネタ元では「150ドルで500GBの外付けHDDを買って、内蔵されていた80GBのHDDと交換。そして80GBをオークションへ→50ドルで売る」ということで「100ドルで500GBに!」という訳ですが、日本での相場を見てみますと、

外付け500GB HDD:(購入価格)約1万円〜(カカクコム
内蔵型 80GB HDD:(平均落札価格)約5000円前後(ヤフーオークション

ほぼ、アメリカでの相場と同じようです。「少しでも安く済ませたい!」という方は、ネタ元に加えて日本語で解説されたHDD換装手順を参照して、チャレンジしてください。

500GB MacBook Harddrive Upgrade for Under $100 [Obscured Clarity]

Jackson West(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

iPhoneを外付けHDDの感覚で使うソフト

ゴムでハードディスクを宙づりにして消音効果!

ハードドライブをノートパソコンに入れるには

中古のノートパソコンを買う時にチェックすべきこと

『Virtual Volumes View』でバックアップデータをインデックス管理(フリーソフト)

UPDATE:誤植を修正しました。ご指摘コメントありがとうございます!

swiper-button-prev
swiper-button-next