特集
カテゴリー
タグ
メディア

知られざる「ざる」とWi-Fi信号の関連性

あっちやこっちやへ飛んでいっているしまうワイヤレス信号を上手に飛ばすにはパラボラ型の表面が最適だと言われているのですが、幸運にもその形をしたやつはあなたの台所にもきっといらっしゃるはず。

そう、それは料理用の水切りざる。パスタの水を切る以外にも役に立つとは驚き桃の木気になる木。DIYサイト「Instructables」のユーザDan Folkesが10ドルのアジア料理用のざると同じ位の価格で買える安物のUSB Wi-Fiドングルを使って信号をブーストさせることができるパラボラの皿的なものを作る方法を説明してくれています。『NetStumbler』で彼がテストしたところ20Wi-Fiホットスポットの増加が見られたとのこと。ほほぅ。Wi-Fi信号でお悩みの方は試してみては?

ざるではなくワイヤレスルータに細工をしたい、という方は、アンテナを換えて1ドル以下でWi-Fiアンテナを強化する方法、およびルータアンテナ+アルミホイルでワイヤレス信号を強化する方法、をご覧ください。

Wi-Fi Signal Strainer (WokFi) Long Distance [Instructables]

Jason Fitzpatrick(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

ケータイでFON APを探せる『FON AP search』

iPhoneを外付けHDDの感覚で使うソフト

iPhoneなんかいらない--iPod Touchで十分

swiper-button-prev
swiper-button-next