特集
カテゴリー
タグ
メディア

よりよく働くために心がけるべき10のポイント

ここに書かれた言葉がすごく好きなんです。

フィスクリさんとウェイスさんが、いかに制作よりも日々の行いをよくするのが大切だと心がけているかが伝わり、すごく心をひきつけるというか...。ものづくりをしていると、いいものを作り出すためにスタジオにこもり制作をし続ける、という状態になるのは簡単なんです。それに対して、日々の行いを良くしていくのは難しい。

彼らの言葉は、いかによいものを作るかではなく、どういう状態に自分をもっていけばいいものを作られるか、ということなんです。

写真にあるのが、その言葉です。以下、その和訳。

■よりよく働くために心がけるべき10のポイント

1. 一度に一つのことをやる

2. 問題が何かを理解する

3. 人の話を聞けるようになる

4. 質問できるようになる

5. ナンセンスとセンスを区別する

6. 変化は避けられないものだと受け入れる

7. ミスを認める

8. シンプルに話をする

9. 落ち着く

10. 笑顔で

みなさんがクリエイティブな仕事をしようとする時は、どんなことをしますか? みなさんの働く時のポイントも教えてくださいね。

Working It Out [Tate Online via Scott Berkun/ via Team Genius Book Report]

Gina Trapani(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

ブルース・リーの教え「不要は淘汰するのみ」

人生最大の過ちから立ち直る方法

「一体オレは何がしたいのだー?」という時にヒントをくれるEbookをご紹介。(ライフプラン)

swiper-button-prev
swiper-button-next