特集
カテゴリー
タグ
メディア

携帯メールで女性をデートに誘うときの3つのコツ

photo by moriza.

多くの人がケータイを持ち、ケータイメールが日常生活に溶け込んでいます。

もちろん恋愛においても、ケータイの活用は必須スキル。みなさんは、ケータイメールで女の子をデートに誘うとき、どのような工夫しているでしょうか? 今回は、メールでデートに誘うときの3つのコツを取り上げます。みなさんの日々の恋愛生活における参考となれば幸いです。

【1】 具体的なデートプランを記載すること

デートを誘う際に、まず相手の都合を確認するために、「来週の日曜日、暇?」などと相手のスケジュールを確認するメールをする男性がいるようです。このようなメールを送られた場合、たとえ女の子のスケジュールが開いていたとしても、断られる可能性が高いです。なぜならば、具体的なデート内容が記載されていないので、女の子が参加の有無について判断できないからです。デートに誘う際には、「映画に見に行こう。」「美術館に行こう。」などできる限り具体的なデートプランを必ず記載し、女の子が具体的なプランに対して判断できるように心掛けましょう。

【2】 疑問文を使わないこと

当然ながら、メールは文字情報のみが伝わるコミュニケーション。結果として、細かい言い回しで印象は変わります。例えば、「映画を見に行かない?」(疑問文)と「映画を見に行こう。」(肯定文)という些細な違いしかない二つの表現も相手に与える印象は大きく異なります。「映画を見に行かない?」という疑問文は、自信のなさが伝わり、女の子の顔を伺っているような印象を与えます。この弱気とも思える態度は、女の子にデートにおいても不安を与えてしまいます。一方、「映画を見に行こう」のように肯定文を使うことで、堂々とした印象を与えることが可能です。堂々と頼れる印象を与えた方が女の子も安心して、デートに臨むことができます。

【3】 断られること

正確には、「一度、断れること」が大切です。「明日、山梨にぶどう狩りに行こう!」など多少無理な日程、無理なデートプランでデートに誘います。恐らく、女の子に断れます。ここで大事なことを「敢えて断られること」です。誘いに対して断ることで、女の子自身に「断ってちょっと悪かったな」という感情を抱かせます。数日後、「今週の土曜日に、映画を見に行こう」など、余裕のある日程で軽めのデートプランを提案します。一度、断られることで、女の子からデートの約束を取り付ける可能性は高まります。

みなさんの厳しい意見をお待ちしております。

(山場ヤスヒロ)

【関連記事】

初対面の女子と円滑なコミュニケーションを実現させるための3つのコツ

話を聞く時、女の子を不機嫌にさせる3つの言葉

女の子に仕事の話をするときの5つのコツ

swiper-button-prev
swiper-button-next