特集
カテゴリー
タグ
メディア

ルーターを使って回線状況をモニター

日本では今のところネットの使用量に制限はないですが、アメリカのインターネットプロバイダーでは回線の使用量をモニターし始めているところも増えているそうです。もしそうなったら自分が今月どのくらいの情報をダウンロードしたのかが気になりますよね。そうでなくてもネットの使用状況を知りたいという方のためにトラックしてくれるソフトをご紹介。

やり方は実はかなりシンプル。DD-WRT』をルーターにインストールするだけ。『DD-WRT』は自動的に回線容量をトラックしてくれるので、後はどこを見ればよいのかを確認するだけです。『Tomato』ファームウェアを使用している方の場合は一日、一週間、一カ月単位での容量確認が出来ますよ(『Tomato』のインストール方法はコチラから)。

『Tomato』の詳細は、以下にて。

080918tomato-bandwidth.jpg

『DD-WRT』と同様に『Tomato』も回線使用容量を自動的にトラックしてくれます。なので、どこを見るべきなのかを確認すればそれだけでOK。『Tomato』のインターフェースにログインしたらサイドバー上の「Bandwidth」のところにある「Monthly link」をクリックするだけで、月当たりの回線使用状況を示すテーブルが表示されます。『Tomato』は週単位、月単位での集計だけでなくリアルタイムで状況を見ることもできるので興味がある方は確認してみて下さいな。

しかし、日本でもネット回線の情報量に制限がかかる日が来るのでしょうかねー?

How to use the DD-WRT firmware to monitor your bandwidth [Simple Help]

Adam Pash(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

「Look@Lan」でネットワーク状況を監視

壁掛けホームネットワーク作成法をDIY

Win専用ネットをMacから使う

swiper-button-prev
swiper-button-next