特集
カテゴリー
タグ
メディア

ファイルを1つコピーするだけでWindowsXPの再アクティベートを回避する術

まぁ、そこは100歩譲って仕方ないにしても、パソコンを買った時には箱の中で行儀よくしていたはずの梱包CDがない場合とかは輪をかけてめんどくさいんですよねー。アクティベートするのにネットに繋がってなかったりも問題だし。これってWindowsユーザなら幾度か通って来た道ではないでしょうか?

サイト「Online Tech Tips」にWindowsXPの再アクティベートを回避する方法が記述されていたので紹介させて下さい! しかもやり方はファイルをひとつコピペするだけ。

システムをすっからかんにしてしまうその前にWPA.DBLのファイルをSyste32ディレクトリの中からコピーしメモリースティックなどのサムドライブやその他の外部機器にコピーしておいて下さい。システムをロードし終わったあと、ブートメニューからセーフモードでパソコンを起動し、先ほどコピーしておいたWPA.DBLのファイルをSystem32フォルダにペーストするだけ。これで完了。

この戦略を使えば再インストールへ向けて重い腰が少しは上がる?!

試してみた方はぜひ感想を教えて下さい!

How to avoid having to reactivate Windows XP after fresh install [Online Tech Tips]

Kevin Purdy(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

パフォーマンスを必要な時だけ最適化できる「Game XP」

Windowsのお掃除・お手入れならnCleaner(無料)

「Startup Delayer」でPC起動をスムーズに!

swiper-button-prev
swiper-button-next