特集
カテゴリー
タグ
メディア

『Virtual Volumes View』でバックアップデータをインデックス管理(フリーソフト)

  • カテゴリー:
  • TOOL

ネットワーク上だか、ネット上だかに自動的にデータをバックアップしてくれる安全なサービスが手軽にあれば良いのですが、なかなかどうして、一般の家庭でのパソコンデータのバックアップとなるとCDに焼いたりDVDに焼いたりすることが多いですよね。

そうであれば仕方がない。覚悟を決めた、ある雨の日曜日にデータのバックアップを取って、これで家内安全、健康第一、備えあれば憂いなし。と思うのも束の間。特定のデータを探している時にこのDVDの山の中のどこにデータが入っているのか、という次の問題に直面するわけです。

そんな問題の解決に、果敢に挑戦してくれるのがこのフリーソフト『Virtual Volumes View (VVV)』。このインデックス用アプリを使えば、どのファイルがどのDVDにバックアップされたのかを覚えていてくれるのです。手持ちのバックアップDVDを、VVVに一度読み込ませておけば、次回からはVVV内でディスクとそのコンテンツを表示させること可能。

検索すればロケーションが分かるので、一枚一枚入れて確認する手間が省けます。表示形式もディスクごとの物理ビュー、または1つのファイルシステムとしての仮想ビューが選択可能。MP3のメタデータやファイルの復元に必要なファイルだけを探し当てたり、と活躍の場面は結構多そうです。新規ディスクなのか、それとも既存データにあるDVDの更新版なのかも判断してくれるので、保存データが重複するのも防げます

Virtual Volumes ViewはWindows/Mac/Linux対応のフリーソフト。

Linuxユーザの方で詳しいインストール方法を知りたい方は「Linux.com」のリンク先を参照してください。

それにしても安心できるデータの保存法をなんとか発明してもらいたいもんですよね。

あと、捨てる勇気というのはどこでダウンロードできるんでしょうか?

Virtual Volumes View [via Linux.com]

Kevin Purdy(原文/まいるす・ゑびす)

【関連記事】

『Griffith』で映画コレクションを一括管理(無料)

プロジェクトの時間管理に便利なフリーソフト

「Totally Free Burner」でCD・DVD作成をシンプルに!

swiper-button-prev
swiper-button-next