特集
カテゴリー
タグ
メディア

メジャーが無いときに宅配便のサイズを計る方法

これがホントのクロネコ便。と言いたげな写真ですね。

国土交通省の統計によると、平成19年度の日本での宅配便取扱量は32億6159万個。そのうちヤマト運輸佐川急便日本通運日本郵便の上位4社で90%以上のシェアを占めるのはご存知の通り。この4社が取り扱う個人向けの宅配便サービスでは基本的にサイズと運送距離で料金が決まります(日本郵便と伊藤忠商事が提携した「Yahoo!ゆうパック」は、重量と運送距離で決まります)。

サイズが分かれば料金が決まるので便利ではありますが、「さて荷物を送るか」と思ったときに限ってメジャーが無い、なんてことあったりしませんか? そんなときには、どこの家にも職場にもある「A4」と「新聞紙」でサイズを計ることができます

この2つのサイズの一部を覚えておけばOK。

A4用紙の長辺=29.7cm≒30cm

開いた新聞紙(2面分)の長辺=81.3cm≒80cm

開いた新聞紙(2面分)の対角線=97.93cm≒100cm

これらを組み合わせると、

A4用紙の長辺×2に収まる→60サイズ

開いた新聞紙の長辺に収まる→80サイズ

開いた新聞紙の対角線に収まる→100サイズ

A4用紙の長辺×4に収まる→120サイズ

開いた新聞紙の長辺×2に収まる→160サイズ

ちなみに140サイズは、A4用紙の短辺が21cmなので、120サイズの計り方と合わせて使うと計ることができます。

これを知っていれば、A4用紙or新聞紙をカットしてメジャー代わりに使えちゃう、という訳です。

紙、各種メディアサイズ一覧

(常山剛)

【関連記事】

旅行カバンをコンパクトにまとめる5つの方法

ビジネススクールよりも、ビジネス書で学ぼう!

Twitterの役立ち活用法

swiper-button-prev
swiper-button-next