特集
カテゴリー
タグ
メディア

新品を買わないほうがいいものとは?

カリフォルニア州でブリーダーから血統書つきの子犬を飼うと、700ドル以上かかるうえに、獣医の治療費もかかります。でも、動物のシェルター(保護した動物を、里親が見つかるまで保護する施設。

まだ少ないですが日本にも同様の活動をしているところがあります)から子犬をもらえば、不妊/去勢手術、予防接種などを含めて約175ドルですみます。ブリーダーから買うのに比べて78%割引になります。

ちなみにライフハッカー編集部のジェイソン・フィッツパトリックさんはブリーダー経由、シェルター経由の両方のペットを一緒に飼っていたけれど、どちらも同じように大好きだったし、かわいがったとのこと。また、ハントさんはゲームについてもこんなコメントをしています。

Xbox 360プレイステーションのようなゲームは、中古だと半額くらいで買えます。人気のソフトウェアも同様。リリース後にしばらく待たなければならないけれど、その間に評判を調べて何を買うべきか吟味できるので、それもメリットだと思います。

ライフハッカー編集部のフィッツパトリックさんいわく「僕はゲーム機の流行から7年も遅れていて、2001年にリリースされたゲームの話を友達にしたときには、変な顔で見られて、なんだか、もうそのゲームが面白くなくなってしまった」とのこと。それで、ゲームは流行り廃りも早いから、定価ではなく中古ですごく安くなってから買うことにしたのだとか。

ちなみに、他に新品で買わないほうがいいものには、

  • オフィス家具(新しいビジネスはすぐに潰れる場合が多いから)
  • スポーツ用品(使わなくなった中古品を買えるから)
  • CDやDVD(中古がたくさん出回っているから)
  • おもちゃ
  • ジュエリー
  • タイム・シェア(リゾートのホテルやコンドミニアムをある一定期間使う権利。日本で言う会員権のようなもの)。

9 Things You Should Not Buy New [via FreeMoneyFinance]

Jason Fitzpatrick(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

1ドル節約するために、どこまで頑張る?

ガソリン高で生活が変わった?

会員制や定期購読は、本当にお得なの!?

swiper-button-prev
swiper-button-next