特集
カテゴリー
タグ
メディア

土用を逃した人に贈る、うな丼のおいしさアップ術

今年の土用の丑の日は7月24日でしたが、ライフハッカー[日本版]をご愛読いただいている皆様におかれましては、「丑の日を外せば、無駄に並ばずうなぎにありつける」というライフハックを満喫されていることでしょう。

しかし、同じウナギといってもピンキリで、「1枚のピン蒲焼きだったら、3枚のキリ蒲焼きを...」というライフハックを実行することも多くなりがちです。

そんなときに、うな丼の味を大きく左右する「たれ」と「山椒」のグレードアップにより、ピン蒲焼きとキリ蒲焼きの格差を限りなく縮めるというライフハックを強くオススメします。

■川口水産流、超本格的なたれの作り方

うなぎを養殖・販売している川口水産のサイトでは、太っ腹なことに、「超本格的なたれの作り方」と称したうなぎのたれのレシピを公開しています。しかも「20分コース」と「すぐできるコース」を用意!

さりげなく「弊社のたれ商品はここをご覧下さい」というリンクが設置してあり、クリックすると「市販のように甘すぎない、うなぎのだしが利いた専門店ならではの自社製たれ」と書いてあって、つい欲しくなってしまうという罠...

■名店並みに鮮やかな味が楽しめる、S&Bの山椒

名店といっても、山椒の香りは、店によって意外に差があり、挽いてから時間が経っているものも少なくありません。使う分だけ山椒の実を挽けば、買ってきた蒲焼きでも、かなりいい味になります。

ここでオススメなのは、「S&B ミル付き 山椒の実」。さほど値が張らないのですが、別次元の味が楽しめるので、ぜひお試しください。焼き鳥などにも応用が可能で、つい、山椒を味わいたいがために蒲焼きや焼き鳥を購入してしまうという、香辛料至上主義者になりかねない強力アイテム。キャップは簡単に取り外せるので、使い切った後は、新しい山椒を入れるのもいいですし、麻婆豆腐用の花椒を詰めるのもステキです。

超本格的なたれの作り方 [川口水産]

ミル付き 山椒の実 [S&B]

(文と写真・ココロ社)

【関連記事】

ポップしなかったコーンを100倍ラクに処理する方法

簡単、ヘルシーなフローズンデザートの作り方

本当は 身体に 悪くない 6つのジャンクフード

swiper-button-prev
swiper-button-next