特集
カテゴリー
タグ
メディア

これはスゴイ! 未来のウェブ機能をビデオで覗いてみよう

今から10年後、私たちはウェブをどのように使っていると思いますか?

その未来を見せてくれているのが、Adaptive Pathというウェブデザイン会社が作ったビデオシリーズの「Aurora」。デザイナーなどのウェブ関係者が、将来どんなことができるようにしたいかを考え、提案しています。

このビデオシリーズのパート1を製作し、ビデオの案内人をしているのは、ウェブブラウザ内で非同期通信とインターフェイスの構築などを行う技術である「Ajax(エイジャックス、アジャックス)」という言葉を作った、ジェシー・ジェームス・ガレットさん。なんだかハイテクで、スゴイ内容で「こんな風になったらいいなあ」と思える内容になっています。

簡単な解説をビデオの下につけたので、参考にどうぞ。

※高解像度で見たい方は、こちらのVimeoのサイトでご覧ください。

簡単に内容を説明すると、

● 音声チャットの相手と自由にデータを見せ合うことができる。

● どんなデータも簡単にグラフにできる。

● 画面の上の部分のバーはよく使うファイルや機能、左は以前使ったもの、右は一時的に保管したいもの、下は現在使っているものを置ける仕組みになっている。

● 今まで使ったファイルやウェブサイトを簡単に検索でき、さらに最新版に更新できる。(天気予報などでとても便利!)

● 今まで使ったファイルやページなどを種類別に自動的に分類する。(もちろんカスタマイズも可能!)

● 今まで見ていたウェブの内容を、指紋認証だけで簡単に携帯用に持ち歩ける。

とのこと。

いかがでしたか? 将来使ってみたい機能でしたか? ぜひ、コメントをお寄せください。

Aurora Concept Video[Adaptive Path]

Gina Trapani(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

Firefox+αのブラウザOrca(無料)

グーグルが私たちの頭を悪くする!?

名前を入れると顔が出てくる!フェイスサーチ

swiper-button-prev
swiper-button-next