特集
カテゴリー
タグ
メディア

「手ぶら通勤」を成功させる5つのポイント

photo by Wiedmaier.

意外と要らないものばかり入ってるんですよね。カバンの中って...。

だったら、ぶっちゃけ「手ぶら」でいいんじゃね? というのが、IT企業エニグモの社長、須田将啓さんの主張。両手ともにフリーなって、忘れ物もフリーになって、マインドもフリーになるから、いいことづくしですよと、雑誌『プレジデント』公式ホームページの連載で詳しく説明しております。

ま、確かにね。重い荷物を肩に、熱気ムンムンの人ゴミへ出れば、その理屈よくわかります。でもねー、あれもこれも頻繁には使わないけど、やっぱあると便利なんですよ。って方のために、須田さんは「『手ぶら通勤』を成功させる5つのポイント」を提示。

1. 携帯電話の活用

→ いまはどんな機能も詰まっていますからね。

2. 封筒の利用

→ どうしても携行する必要がある書類がある場合。

3. USBフラッシュの利用

→ PC本体は持ち歩かない

4. 新聞は駅買い/駅捨て

→ 電車の中だけで読む

5. 持たない勇気

不要は淘汰するのみ

持たない勇気...ね。耳が痛いです。

以下リンクにて、さらなる詳細をご確認ください。

【連載】「謎の会社」エニグモ珍道中 [第5回] 「手ぶら」のススメ [プレジデント]

(オサダシン)

【関連記事】

旅行カバンをコンパクトにまとめる5つの方法

メジャーが無いときに宅配便のサイズを計る方法

米国行きフライトでPCデータが押収される!? その前に

swiper-button-prev
swiper-button-next