特集
カテゴリー
タグ
メディア

1930年代におこなわれた方法で集中力を高めよう

Photo by quatro.sinko.

こんな忙しい現代社会だからこそ、必要な方法かも。

The Antiques Digest」(アンティーク・ダイジェスト)というウェブサイトでは、1930年代に出版された集中力を高める方法を紹介しています。その方法とは、定期的な休息(例えば昼寝とか!)、スケジュールを決めて動く(1日のスケジュールを考え、どれを何時までに終わらせるか決めておく)、集中できる環境(電話などの邪魔が入らない静かな部屋など)、そして孤独になることなど。

孤独になることで、感受性が高まり、いいものを作り出すことができます。素晴しい作品やアイディアは、静かな環境で生まれるのです。静かな環境でこそ、インスピレーション、新しいアイディアが生まれます。エマーソンさんは「孤独は、天才にとって厳しい友人のような存在です。冷たい、人目につかないシェルターで、太陽や星の先に飛ぶような翼を作り出すようなものです」と言っています。

これを参考に、上司に「オフィスにドア付きの個室が必要だ」と訴えてみては?

How To Concentrate [via Tim O'Reilly]

Gina Trapani(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

グーグルが私たちの頭を悪くする!?

脳のストレッチ、それに「カイゼン」のススメ

デスクトップの背景を変えるだけで出来る整理術!

swiper-button-prev
swiper-button-next