特集
カテゴリー
タグ
メディア

最も健康的な、野菜の調理法

しかし、ニューヨークタイムズでは「ただ植物=野菜を食べるばかりではなく、しっかり栄養をとれるように、料理のしかたにも工夫を」と提案しています。

オハイオ大学教授で栄養学に詳しいスティーブン・K・クリントンさんによると

いつでも野菜を生で食べるのが一番、というのは勘違いで、フルーツや野菜は、少し料理をすることで栄養価が高くなることもある
のだとか。生でそのまま食べるのが一番いいけれど、中には少し調理を加えるといい場合もあるそうです。

例えば、ニンジンを煮ると、ポリフェノールは減るけれど、代わりにカロテノイド(ビタミンAとなるカロチンなど)が増えるのだとか。また、コンロよりも、電子レンジを使ったほうがビタミンCが残るそうです。詳しくはこちらの記事でも。

もちろん、いつも「こうすれば栄養価が高くなるから、こうしよう」という風に料理の仕方を決める必要はありません。何はともあれ、野菜を食べるのは健康にいいのです。 ということで、煮たり、焼いたり、生で食べた...といろんな方法で野菜を料理して食べると、様々な栄養が摂れて身体にいい、ということを心に留めて料理しましょう!

Finding the Best Way to Cook All Those Vegetables [NYT]

Adam Pash(原文/訳:阿久津美穂)

【関連記事】

本当は 身体に 悪くない 6つのジャンクフード

BBCが選んだ 不眠症克服方法 ベスト10

いわしの頭も食べれば仏

swiper-button-prev
swiper-button-next