• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

睡眠

  • ,,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    ベッドから出ずに、ずっと寝て過ごしたらどうなるのか

    ベッドから出ずに、ずっと寝て過ごしたらどうなるのか

    ベッドから出ずに、ずっと寝て過ごしたらどうなるのか

    ギズモード・ジャパンより転載:ずーっと寝る、今年はオリンピックイヤー。日暮熟睡男を思い出します。 暑い、だるい、眠い...。1日中空調のきいた部屋でゴロゴロダラダラできたら幸せだろうなー。いっそのこと、ずーっと寝て過ごせたらいいのに。なんてことは、ダラダラ系の人間なら1度は夢見る生活です。その甘い夢を、現実的に打ち砕き解説しているのがLife Nogginのこの動画。ベッドから出ないでずーっと寝  07:00 AM

  • , - By matonoLIKE

    イスに座ったままできる3分間ヨガ

    イスに座ったままできる3分間ヨガ

    イスに座ったままできる3分間ヨガ

    机に座ったまま長時間仕事をしている合間に、ストレッチや少し歩き回ることで休憩をするのは、理論的にはとても良いことです。しかし、それを定期的に実際にやるのは「言うは易し行うは難し」だったりします。そこで今回は、たった3分あればできるヨガのルーティンをお教えしましょう。しかも、イスに座ったままでできます。 この「DAREBEE」に載っていたヨガのルーティンは、6つのポーズそれぞれを30秒ずつやるとい  09:00 AM

  • ,,,,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    生産性向上には欠かせない「パワーナップ」の普及を阻む5つの誤解

    生産性向上には欠かせない「パワーナップ」の普及を阻む5つの誤解

    生産性向上には欠かせない「パワーナップ」の普及を阻む5つの誤解

    Inc.:最近の研究をざっと見ただけでもすぐにわかるように、昼寝は基本的に、生産性にまつわるありとあらゆる問題を魔法のごとく解決してくれる特効薬です。昼寝をすれば、パフォーマンスが向上し、記憶力もアップします。ストレスは軽くなり、創造力もわいてきます。そればかりか、優しい気持ちにもなれるのです。 ところが、昼寝の効能はこれほどまでに明らかなのに、午後に時間を見つけてちょっとひと休みしようという大  11:00 PM

  • , - By wasabiLIKE

    眠りを浅くしてしまう4つのよくある間違い

    眠りを浅くしてしまう4つのよくある間違い

    眠りを浅くしてしまう4つのよくある間違い

    Dumb Little Man:午前3時、目が覚めてしまいベッドの上をゴロゴロしてもう一度眠ろうとしてもどうしても眠れない...! 誰でも一度はこんな経験があるのではないでしょうか? 私も不眠に悩まされてきました。今回は、眠りを浅くしてしまうよくある間違いを4つ紹介します。深い眠りを確保するために以下のことに気をつけてみてください。  10:00 PM

  • , - By ライフハッカー編集部LIKE

    うつ伏せ、仰向け、横向き...寝姿勢タイプ別に腰痛緩和のコツをアドバイス

    うつ伏せ、仰向け、横向き...寝姿勢タイプ別に腰痛緩和のコツをアドバイス

    うつ伏せ、仰向け、横向き...寝姿勢タイプ別に腰痛緩和のコツをアドバイス

    背骨ってヤツは、私たちに何の恨みがあるのでしょうか。米国では、成人のおおよそ3人に1人が腰痛に悩まされており、しかもその数は今後さらに大きく増えるものと見込まれています。現代生活ではデスクワークに追われて、活発に動く機会が減っていますものね。夜なら一休みできるはずと思っても、腰痛持ちにとっては横になる姿勢もツラいのです。  09:00 PM

  • ,,,,, - By matonoLIKE

    寝るとスッキリするのは気のせいじゃない、脳を効率よく最適化する睡眠の取り方

    寝るとスッキリするのは気のせいじゃない、脳を効率よく最適化する睡眠の取り方

    寝るとスッキリするのは気のせいじゃない、脳を効率よく最適化する睡眠の取り方

    Inc.:睡眠は、休息と回復に欠かせないものです。実際、人間は空腹よりも睡眠が欠乏した方が先に死にます。空腹の場合は2週間ですが、まったく眠らない場合はたった10日間で死に至ります。  09:00 PM

  • ,,,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    夜中に何度も目を覚ます人に試してほしい「二相性睡眠」

    夜中に何度も目を覚ます人に試してほしい「二相性睡眠」

    夜中に何度も目を覚ます人に試してほしい「二相性睡眠」

    正しい眠りのパターンは1つだけしかなく、それは、自然に目覚めるまで7~8時間続けて眠り続けることだという思い込みは、よくある誤解です。そんなに長く眠り続けるのは無理だという方は、1晩に2回眠る方法を試してみてはいかがでしょう。  09:00 PM

  • ,,,,,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    「ぐっすり眠れた」という自己暗示で睡眠不足は乗り切れるのか?

    「ぐっすり眠れた」という自己暗示で睡眠不足は乗り切れるのか?

    「ぐっすり眠れた」という自己暗示で睡眠不足は乗り切れるのか?

    Inc.: 毎晩、遅くない時間にいつのまにか眠りに落ち、翌日にスッキリと目が覚めれば、言うことはありません。ところが現実には、夜遅くまでの飲み会や騒々しい隣人、差し迫った仕事の締め切り、生まれたばかりの赤ちゃんの夜泣きなど、さまざまな問題があります。 こうなると、翌日の疲労やぼんやりとした頭、仕事や勉強の効率低下は、避けられない運命なのでしょうか? 近年の興味深い研究によると、実はそんなことはあ  09:00 PM

  • , - By ライフハッカー編集部LIKE

    起きるためのアラームではなく寝るためのアラームを設定しよう

    起きるためのアラームではなく寝るためのアラームを設定しよう

    起きるためのアラームではなく寝るためのアラームを設定しよう

    毎朝目覚まし時計のスヌーズボタンを叩く悪習慣を断ちたいなら、早く寝る習慣を身につける必要があります。夜の寝るべき時間に目覚まし時計のアラームが鳴るようにセットすれば、他のことに夢中になっていてもベッドに入る時間だということを教えてくれます。  12:00 PM

  • , - By 和田美樹LIKE

    最適な眠りのために知っておきたい、光と睡眠の意外な関係

    最適な眠りのために知っておきたい、光と睡眠の意外な関係

    最適な眠りのために知っておきたい、光と睡眠の意外な関係

    現代社会に住んでいる私たちは、不可能なことを技術の力で可能にする場面を目にします。私たちの体はもともと、空を飛んだり、地上20階に住んだりするようにはできていません。そして、日が出ていない時間に起きているようにもできていないのです。人間ができるようになったことのなかで最も普遍的なのが、「夜でも起きていること」かもしれません。そして現代の私たちが最も使いこなしているのが、照明ではないでしょうか。こ  11:00 PM

もっと読む

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.