• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

働き方

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    「企画書はA4・1枚」は本当か? アイデアを企画にするため、心にとどめておくべきこと

    「企画書はA4・1枚」は本当か? アイデアを企画にするため、心にとどめておくべきこと

    「企画書はA4・1枚」は本当か? アイデアを企画にするため、心にとどめておくべきこと

    『とらわれない発想法 あなたの中に眠っているアイデアが目を覚ます』(前刀禎明著、日本実業出版社)の著者は自らの歩んできた道について、「組織人としても幸福だった」と記しています。 勢いがあったころのソニーを辞め、コンサルティング会社のベイン・アンド・カンパニーに転職。その後、ウォルト・ディズニー、AOLを経てライブドアを創業。さらにはスティーブ・ジョブズと出会ってアップルに入社し、日本市場でアップ  06:30 AM

  • ,,, - By itouLIKE

    「リモートワーク」で世界を旅する前に知りたかったこと

    「リモートワーク」で世界を旅する前に知りたかったこと

    「リモートワーク」で世界を旅する前に知りたかったこと

    私は過去14カ月のうち2カ月間しか家にいませんでした。残りの12カ月は、ノートパソコンで仕事をしながら、東京、香港、パリ、バルセロナなど世界中を旅して回っていたのです。 とても素敵な話に聞こえますよね? もちろん私も、そんなふうに暮らせることをありがたく思っていましたが、すぐに良いことばかりではないことに気づきました。仕事をしながら世界を回り続けるのは、心と体の両面において、かなりハードなことだ  10:00 PM

  • ,,,,, - By 印南敦史LIKE

    行動を「効率化」するために、根本的に自分を変える方法

    行動を「効率化」するために、根本的に自分を変える方法

    行動を「効率化」するために、根本的に自分を変える方法

    人は誰しも、仕事やお金、健康などさまざまな分野において、なにかしらを達成したいという気持ちを持っているもの。だから「少しでもいい状態にしよう」とがんばるわけですが、目標を達成するのはなかなか難しいものでもあります。 しかし気になるのは、社会に出た時点ではほぼ差がなかった人たちが、なぜ時間の経過とともに「望みを達成する人」と「達成できない人」に分かれてしまうのかということ。この点について、『効率が  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    「うまくいく人」になるためには、ポジティブに考える習慣を身につけよう

    「うまくいく人」になるためには、ポジティブに考える習慣を身につけよう

    「うまくいく人」になるためには、ポジティブに考える習慣を身につけよう

    著者自身の説明によれば、『何をしてもうまくいく人のシンプルな習慣』(ジム・ドノヴァン著、弓場隆訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン)は自己改善のための本ではないのだそうです。では、なんなのかといえば、「成長と発展のための手引書」。そして、ここで紹介されている考え方を実際に使ってきただけに、著者自身が自身の考え方の効果を証明してきたというのです。 私の意図は、シンプルなテクニックをあなたと分かち合  06:30 AM

  • ,,,,,,, - By

    庄司真美

    LIKE

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    Sponsored

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    ビジネスや人間関係を広げるチャンスに? 「Airbnb」のホストになることで得られる、お金以外のもの

    世界的に知名度の高い宿泊予約のマーケットプレイスといえば、「Airbnb(エアビーアンドビー)」。2008年に誕生して以来、世界各国に広がり、現在は世界191カ国、3万4000以上の都市で利用されています。 そして今あらためて、空き部屋などを有効利用する手段や新たなビジネスのかたちとして、「Airbnbのホスト」に注目が集まっています。 物件の管理や接客の仕方、また、お部屋のコーディネイトなど、  10:00 PM

  • ,,, - By matonoLIKE

    フランスが法律で定めた「従業員がオフラインになる権利」でワークライフバランスは保てるか?

    フランスが法律で定めた「従業員がオフラインになる権利」でワークライフバランスは保てるか?

    フランスが法律で定めた「従業員がオフラインになる権利」でワークライフバランスは保てるか?

    フランスの労働者は「オフラインになる権利」を得ました。厳密に言うと、社外にいたり勤務時間外の従業員がオフラインになれるよう、企業は行動規範を策定しなければなりません。こんな権利、我が国にも欲しいものです。 フランスの法律は素晴らしいものですが、どこの国でもワークライフバランスに対して、フランスと同じようなやり方をしているわけではありません。「PayScale」にはこのようにあります。 ガーディア  09:00 PM

  • ,,,,, - By 印南敦史LIKE

    会話は「後攻」を選ぶべし! 話し方の基本を理解すれば、コミュニケーションはより円滑になる

    会話は「後攻」を選ぶべし! 話し方の基本を理解すれば、コミュニケーションはより円滑になる

    会話は「後攻」を選ぶべし! 話し方の基本を理解すれば、コミュニケーションはより円滑になる

    『話し方ひとつで面白いほど仕事がうまくいく本』(堀内裕一朗著、あさ出版)の著者は、MBAや心理カウンセラーの資格保持者として、これまでに1000人以上の経営者やリーダーを対象として「話し方」を指導してきたという人物。 すでに一定の成功を収めている経営者やリーダーが改めて話し方を学ぶとは、ちょっと不思議な気もします。しかしそれは、彼らが過去の経験から、「話し方が変わると人が動いてくれる」ことを知っ  06:30 AM

  • ,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    あなたは自分の人生を生きていますか? キャリアについて「前向き」に悩むためのヒント

    あなたは自分の人生を生きていますか? キャリアについて「前向き」に悩むためのヒント

    あなたは自分の人生を生きていますか? キャリアについて「前向き」に悩むためのヒント

    今回は、エンジニアから独立してライターになった著者の、キャリアについての考え方を紹介します。以下、サイボウズ株式会社のオウンドメディア「サイボウズ式」のこちらの記事より転載いたします。 人間は悩む生き物です。「今日の晩御飯は何を食べようか」といった些細(ささい)なことから、「今の仕事をずっと続けるべきか、辞めるべきか」といったなかなか大きなことまで、人は様々な悩みを抱えながら生きています。 特に  07:00 PM

  • ,,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    Schoo代表・森健志郎さんの仕事術【ライフハッカーが選ぶ、2017年の活躍に注目したい人々】

    Schoo代表・森健志郎さんの仕事術【ライフハッカーが選ぶ、2017年の活躍に注目したい人々】

    Schoo代表・森健志郎さんの仕事術【ライフハッカーが選ぶ、2017年の活躍に注目したい人々】

    今年のライフハッカー[日本版]の新年特集は「HOW I WORK」特別編です。2017年の活躍が楽しみなクリエイターやビジネスパーソンの方々に、独自の仕事術やお気に入りのビジネスツール、今年の活動テーマ等をお聞きしました。この記事で紹介するのは、オンライン学習サービス「Schoo」を運営する、株式会社Schoo代表の森健志郎さんです。 森健志郎(もり・けんしろう) 1986年 大阪生まれ。大学卒  10:00 PM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    「コスパ」って言うな! 男が30代ですべきではないこととは?

    「コスパ」って言うな! 男が30代ですべきではないこととは?

    「コスパ」って言うな! 男が30代ですべきではないこととは?

    『男が30代でやめるべき習慣 ~賢者たちの一流の教え』(適菜収著、大和書房)の著者は哲学者ですが、その表現はなかなか辛辣です。 30代のうちに、あれをやれ、これをやれと書いてある本がたくさんあります。(中略)どれも同じような内容です。「三〇代は人生計画を見つめ直す時期」とか「キャリアアップのために計画的に勉強しろ」とか「老後に備えて運動しろ」だとか。 そういう本は売れている。 逆に言えば、30代  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    外国人たちの目から見た、日本人ならではの美徳と生き方

    外国人たちの目から見た、日本人ならではの美徳と生き方

    外国人たちの目から見た、日本人ならではの美徳と生き方

    本書は、私たちの住む日本という国が、古代から膨大な時間をかけてじっくりと培われた、本当の意味で人間らしく、健康的で平和で、かつ満ち足りた理想的な社会であったということを示すものです。(「はじめに──日本が本当の豊かさを取り戻すために」より) こう記すのは、『世界が憧れた日本人の生き方 日本を見初めた外国人36人の言葉』(天野瀬捺著、ディスカヴァー携書)の著者。禅寺に生まれ、禅の教えを体感しながら  06:30 AM

もっと読む

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.