• GIZMODO
  • FUZE
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

キーパーソン

  • ,,,,, - By 大嶋拓人LIKE

    世界最大の語学学習アプリ「Duolingo」の研究者に聞いた、外国語学習に成功する人としない人の違い

    世界最大の語学学習アプリ「Duolingo」の研究者に聞いた、外国語学習に成功する人としない人の違い

    世界最大の語学学習アプリ「Duolingo」の研究者に聞いた、外国語学習に成功する人としない人の違い

    1億人以上が学ぶ世界最大の語学学習アプリ「Duolingo(デュオリンゴ)」。ビッグデータから導き出される効果的な学習プログラムに定評があり、Duolingoでの34時間の学習は大学の外国語学習コースの1学期分に相当する、という調査結果も出ています。 今回ライフハッカーでは、Duolingoでソフトウェアエンジニア兼リサーチサイエンティストとして活躍する萩原正人さんの来日に合わせて本人にインタビ  12:00 PM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    大富豪たちの伝記から、読み解く「お金の哲学」

    大富豪たちの伝記から、読み解く「お金の哲学」

    大富豪たちの伝記から、読み解く「お金の哲学」

    タイトルから想像がつくとおり、『大富豪の伝記で見つけた 1億稼ぐ50の教え』(高田晋一著、サンクチュアリ出版)のコンセプトはユニークです。ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、柳井正、孫正義諸氏ら、世界的な成功を収めた大富豪たちの「伝記」から、お金の哲学を読み解こうというのですから。 もともと私は、成功哲学などに関する文献やデータなどを調べて、成功を収めるための要因などを抽出し、分析することをラ  06:30 AM

  • ,,,,, - By 印南敦史LIKE

    それは、昭和の貧しい時代を生き抜く原動力。85歳の老人が明かす「和食の力」

    それは、昭和の貧しい時代を生き抜く原動力。85歳の老人が明かす「和食の力」

    それは、昭和の貧しい時代を生き抜く原動力。85歳の老人が明かす「和食の力」

    「食文化史研究家」という肩書きには、あまりなじみがないかもしれません。しかし『ひと月1万円! 体にやさしい 昭和のシンプル食生活』(永山久夫著、CCCメディアハウス)の著者はそう自称し、古代から近代までの食事復元研究を行ってきたのだそうです。つまり本書は、そうした活動を軸として「食の知恵」を公開した書籍だということ。 ちなみに福島県の麴屋の次男として生まれた著者は、現在85歳。本人によればかつて  06:30 AM

  • ,,,,, - By 印南敦史LIKE

    元リッツ・カールトン日本支社長が考える、「品格」の重要性とは?

    元リッツ・カールトン日本支社長が考える、「品格」の重要性とは?

    元リッツ・カールトン日本支社長が考える、「品格」の重要性とは?

    『品格を磨く』(高野登著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、ザ・リッツ・カールトン・ホテル日本支社長として数々の実績を残してきた人物であり、ベストセラー『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』(かんき出版)を筆頭に多くの著作も残してきた著者による最新刊。 2009年からはホテルマンとしての経験を軸に、学びの場「寺子屋百年塾」をスタートしていますが、本書はそのテーマのひとつである  06:30 AM

  • ,,,,, - By

    香川博人

    LIKE

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    Sponsored

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    2020年に向けて進むキャッシュレス化。 企業にとっての「電子決済」のメリットとは?

    先日、政府は2017年度から公共料金や備品経費の支払いを全面的に電子決済にすることで、30億円の人件費削減が期待できるという発表をしました。 電子マネーやクレジットカード、ネットバンキングの普及により、私たちは現金だけではなく、時間と手間のかからない電子決済を活用する機会が増えていますが、それは企業や法人にとっても大きなメリットがあるようです。 そこで今回、現金決済から電子決済へとキャッシュレス  05:00 PM

  • ,,,, - By

    神山拓生

    LIKE

    「何かを変える人は『ある事実』とともに生きなければならない」「自動車業界の生ける伝説」の若き起業家たちへのエール【今日のビジネス英語】

    「何かを変える人は『ある事実』とともに生きなければならない」「自動車業界の生ける伝説」の若き起業家たちへのエール【今日のビジネス英語】

    「何かを変える人は『ある事実』とともに生きなければならない」「自動車業界の生ける伝説」の若き起業家たちへのエール【今日のビジネス英語】

    英語動画アプリ『BeNative』。シリコンバレーなどで活躍する米国の起業家の言葉から無料で「生きたビジネス英語」を学ぶことができます。 今回は「自動車業界の生ける伝説」とも呼ばれる、元ゼネラルモーターズ副会長・ボブ・ラッツ氏のインタビューをご紹介します。ラッツ氏といえば、ヒット車「シボレー・カマロ」の開発を主導するなどし、不振にあえぐGMの立て直しを図ったことで有名です。以下の動画では、ラッツ  06:15 AM

  • ,,,,, - By 印南敦史LIKE

    「考え方」を変えれば、人生が変わる。成功をつかむために意識しておくべきこと

    「考え方」を変えれば、人生が変わる。成功をつかむために意識しておくべきこと

    「考え方」を変えれば、人生が変わる。成功をつかむために意識しておくべきこと

    『成功への選択』(青木仁志著、あさ出版)の著者は、長年にわたり能力開発のスペシャリストとして活動してきたという人物。これまでに34万人以上の研修に携わってきたのだそうです。そして、その過程で人の「成功と失敗の習慣」について研究した結果、「考え方が変われば人生が変わる」という結論に達したのだとか。 また、人生においては、「考え方」がいちばん大切だとも主張しています。重要なのは「考え方を選択する」こ  06:30 AM

  • ,,,,, - By

    神山拓生

    LIKE

    『デイリーポータルZ』の会議ではなぜ「モナカにあんこを詰める」のか? クリエイティブ塾 Vol. 7:林雄司さん

    『デイリーポータルZ』の会議ではなぜ「モナカにあんこを詰める」のか? クリエイティブ塾 Vol. 7:林雄司さん

    『デイリーポータルZ』の会議ではなぜ「モナカにあんこを詰める」のか? クリエイティブ塾 Vol. 7:林雄司さん

    ライフハッカー[日本版]編集長の米田智彦が主宰する「クリエイティブ塾」は、編集者としてのクリエイティブマインドを育成するワークショップです。今回のゲストは、娯楽コンテンツサイト「デイリーポータルZ」のウェブマスターであり、個人サイト「webやぎの目」で黎明期からインターネット上でユニークで独創的な存在感を放ち続ける、林雄司さんです。今回はトークから「デイリーポータルZが本当に面白いコンテンツを作  10:00 PM

  • ,,,,,,,,, - By itouLIKE

    「孫子の兵法」を日常生活に活用する方法

    「孫子の兵法」を日常生活に活用する方法

    「孫子の兵法」を日常生活に活用する方法

    孫子は古代中国における伝説的な軍略家で、有名な兵法書『孫子』の著者でもあります。また、孫子は「ソフトパワー」のマスターであり、「機動戦」の父でもあります。孫子は、できるかぎり戦わず勝つこと、また、戦うなら最も楽に勝つことを良しとしました。 孫子は「戦においては、勝つ将軍はまず勝利を得て、それから戦を求める」と書いています。また、自軍の兵士に、「予期せぬルートを行軍し、敵の無防備なるところを攻めよ  09:00 PM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    マーケティングも人生と同じ?

    マーケティングも人生と同じ?

    マーケティングも人生と同じ?

    『競争としてのマーケティング』(丸山 謙治著、ジャック・トラウト序文、総合法令出版)の著者は、深い交流があるというアル・ライズ、ジャック・トラウト両氏について次のように述べています。 二人は、「マーケティングは"アイデア"を武器とした企業間の知的戦いである」とし、「Positioning(ポジショニング)」という斬新な競走思考コンセプトを提唱して世界中で講演やコンサルティングを行ってきたマーケテ  06:30 AM

  • ,,,,,,, - By matonoLIKE

    仕事や職場で誰かに陥れられそうになった時の対処法

    仕事や職場で誰かに陥れられそうになった時の対処法

    仕事や職場で誰かに陥れられそうになった時の対処法

    社会人になって最初の職場で、人を陥れようとすることで有名な同僚と一緒のプロジェクトになりました。しかし、気さくな感じの人に思えたので、私はその同僚と仲良くなりました。ある日の会議中、上司がその同僚の仕事が終わっていない理由を聞いたところ、彼女はあからさまに私のせいにしました。これが私にとって初めての、人を陥れようとする同僚との出会いでした。 同じような目に遭ったことがある人は多いのではないかと思  09:00 PM

もっと読む

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.