• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ニュース・コラム

  • , - By ライフハッカー編集部LIKE

    「汚染食品」で6人に1人のアメリカ人が健康を損なっている:調査結果

    「汚染食品」で6人に1人のアメリカ人が健康を損なっている:調査結果

    「汚染食品」で6人に1人のアメリカ人が健康を損なっている:調査結果

    Mugendai(無限大)より抜粋:食品の安全性に対する関心は、年々高まる一方です。食中毒、アレルギー、食材の汚染や産地偽装といった食品に関するさまざまな問題が引きも切らず発生し、消費者の要求は日々厳しくなってきています。  10:00 PM

  • ,,,,,,,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    カルロス・ゴーンがSlush Tokyoで語った4つのこと

    カルロス・ゴーンがSlush Tokyoで語った4つのこと

    カルロス・ゴーンがSlush Tokyoで語った4つのこと

    2017年3月30日、東京ビッグサイトでSLUSH TOKYO 2017が開催されました。SLUSHは2008年からフィンランドで開催されているスタートアップの祭典です。日本での開催は3回目となる今回は、SLUSH TOKYOと名前を改め、 5000人を超える起業家や投資家、メディア関係者が集まりました。 Slush Tokyo 2017のメインステージ。世界の自動車産業を率いるカルロス・ゴーン  09:40 PM

  • ,,, - By 堀込泰三LIKE

    多くの米国人が自動運転車を怖がっているという調査結果

    多くの米国人が自動運転車を怖がっているという調査結果

    多くの米国人が自動運転車を怖がっているという調査結果

    Inc.:自動運転車についてどう思いますか? 「1台ほしい!」という人は、現時点ではマイノリティのようです。AAAが1000人の米国人を対象に実施した調査によると、米国人の78%は、自動運転車に乗るのが怖いと考えています。そして54%が、自分の運転中に近くに自動運転車がいてほしくないと答えています。一方で、自分の車には何らかの自律機能がほしいと答えた人は60%に上りました。たとえば、自動ブレーキ  09:00 PM

  • , - By ライフハッカー編集部LIKE

    Apple Payで関心を集める「モバイル・ウォレット」とは?

    Apple Payで関心を集める「モバイル・ウォレット」とは?

    Apple Payで関心を集める「モバイル・ウォレット」とは?

    Mugendai(無限大)より抜粋:Apple Payのサービス開始を皮切りに、世界中でモバイル・ウォレットへの関心が高まりつつあります。 以前から「おサイフケータイ」が普及している日本では、「モバイル端末がお財布代わりになる」というコンセプトは、さほど目新しいものではないかもしれませが、新時代のモバイル・ウォレットは従来のおサイフケータイを超える可能性を秘めています。  08:00 PM

  • ,,,, - By

    三浦一紀

    LIKE

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    Sponsored

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?

    2013年に発売された『統計学が最強の学問である』という書籍。ご存知の方も多いのではないでしょうか。統計学を知ることで、自分の人生を上手にコントロールできると謳われたこの本が流行したことで、一時統計学がちょっとしたブームになりました。 しかし、統計学という学問自体が割と難解なため、一般の人々が学ぶには少々ハードルが高い気もします。当時興味を持ったという方々も、あまり理解できずに通り過ぎてしまった  11:00 AM

  • , - By ライフハッカー編集部LIKE

    留学ならぬ「留職」が登場──法人が社員を派遣する海外NGO活動が秘める可能性

    留学ならぬ「留職」が登場──法人が社員を派遣する海外NGO活動が秘める可能性

    留学ならぬ「留職」が登場──法人が社員を派遣する海外NGO活動が秘める可能性

     社会人が新興国に行って現地の社会課題の解決に携わる方法としては青年海外協力隊(JICAボランティア)がありますが、より日本企業と現地とのつながり、留職した人のキャリア、派遣先のメリットを意識した取り組みである「留職」プログラムという選択肢が登場しています。 個人が応募する青年海外協力隊とは異なり、法人が自社の社員を新興国の企業に派遣するという点が「留職」プログラムの特徴的なところです。ウェブ  08:00 PM

  • ,,,,,, - By itouLIKE

    AppleがiPhone自動化ツール『Workflow』を買収

    AppleがiPhone自動化ツール『Workflow』を買収

    AppleがiPhone自動化ツール『Workflow』を買収

    Inc. :Appleが、iPhoneやiPadでユーザーが独自のショートカットを作成できるアプリ『Workflow』の製造元企業を買収しました。3月22日の発表では、買収額は非公開とされています。 Workflowの共同創設者の1人であるAri Weinstein氏は「Appleに加わることにワクワクしている」と語っています。「Appleとは、WWDCに参加した学生のころから、Workflow  12:15 PM

  • , - By 和田美樹LIKE

    小規模のコワーキングスペースに競争力を持たせる画期的なアイデア

    小規模のコワーキングスペースに競争力を持たせる画期的なアイデア

    小規模のコワーキングスペースに競争力を持たせる画期的なアイデア

    Inc.:専門家たちも認めるとおり、今コワーキングがブームです。会社のオフィス(フリーランスなら近所のコーヒーショップ)で働く代わりに、さまざまな職種の人たちとの共有するスペースで働くという発想はまだまだ新しいものですが、定着しつつあるのはたしかです。 独立ワーカーやリモートワーカーが増えたおかげで、コワーキングのアイデアを受け入れる大企業も増え、過去5年で、世界中のコワーキングスペースが1,0  12:00 PM

  • ,,, - By ライフハッカー編集部LIKE

    過去最低の出生率。日本消滅の危険を示す7つのサイン

    過去最低の出生率。日本消滅の危険を示す7つのサイン

    過去最低の出生率。日本消滅の危険を示す7つのサイン

    2014 FIFAワールドカップで日本代表はコロンビアに敗北、涙を流す日本のサッカーファン。Reuters/Issei Kato BUSINESS INSIDER JAPANより抜粋:経済学者が「人口時限爆弾」と呼ぶ問題に日本は直面している。 低出生率、低消費が長引き、日本経済は過去25年で徐々に縮小してきた。 長生きする高齢者が多く、その高齢者を支える社会保障費は子どもを持たない若い世代にのし  08:00 PM

  • , - By ライフハッカー編集部LIKE

    「Siri」共同創業者が人工知能の進歩を不安視しない理由

    「Siri」共同創業者が人工知能の進歩を不安視しない理由

    「Siri」共同創業者が人工知能の進歩を不安視しない理由

    Inc.:人工知能(AI)がますます賢くなるにつれ、あることが盛んに議論されています。それは、「人工知能は人間を超えるのか? 超えるとしたらそれはいつなのか?」ということです。 しかし、「人類がロボットに支配される日が来るのではないか」という心配は無用だと考える人が、テクノロジー業界に少なくとも1人います。それは、音声アシスタント「Siri」を開発した会社の共同創業者アダム・チェイヤー氏です。こ  12:00 PM

  • ,,, - By 和田美樹LIKE

    犬に優しいオフィスがもたらすメリット

    犬に優しいオフィスがもたらすメリット

    犬に優しいオフィスがもたらすメリット

    Inc.:人々がどれだけかわいい動物、とりわけ犬が好きか、たとえ知らなかったとしても、SNS画面をざっとスクロールすれば一目瞭然です。しかし、犬をこよなく愛すのは人間一般の話であって、会社の上司はそうでない場合が多いようです。 アレルギーのある人による訴訟、やっかいな傷害保険の請求、オフィスの家主に嫌がられるなど、会社の上層部が、ドッグフレンドリーなオフィスのトレンドに乗りたくない理由はたくさん  11:00 PM

もっと読む

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.