• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史 印南敦史

  • ,,,,, - By 印南敦史LIKE

    苦手な人ともチームで一緒にやっていくためには?

    苦手な人ともチームで一緒にやっていくためには?

    苦手な人ともチームで一緒にやっていくためには?

    『苦手な人が気にならなくなる本』(山﨑洋実著、日経BP社)の著者は、おもにママ向けの講座で、コミュニケーションについてのコーチングを続けているという人物。いうまでもなくコーチングとは、会話を通じて相手の自発的な行動を引き出すコミュニケーションの手法ですが、ママ向けであろうがビジネス向けであろうが、「コミュニケーションの本質は同じ」なのだと断言しています。そして、コミュニケーションには2つあるとも  06:30 AM

  • ,,, - By 印南敦史LIKE

    これからの時代に求められる、「深速思考」とは?

    これからの時代に求められる、「深速思考」とは?

    これからの時代に求められる、「深速思考」とは?

    先進国で高い給料を払われ続ける仕事とは、新しいコンセプトを生み出すような、「創造的で非定型的な仕事」だけになっていかざるを得ません。つまり、これからのビジネスパーソンには、これまで重宝されてきた、既知の知識を素早く吸収する「効率的に学ぶ力」よりも、新しい知識をつくる「深く考える力」のほうがいっそう求められるようになるのです。(「はじめに」より) そう主張するのは、『深く、速く、考える。 「本質」  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    お金持ちになるために知っておくべき「お金」に対する考え方

    お金持ちになるために知っておくべき「お金」に対する考え方

    お金持ちになるために知っておくべき「お金」に対する考え方

    『できる人のお金の増やし方』(リチャード・テンプラー著、桜田直美訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は、広範な分野において30年以上のマネジャー経験を持っているという人物。さらに2003年には「White Ladder Press」という出版社を創設し、わずか4年で「イギリスでもっとも成功した出版社」に育て上げたのだそうです。 そんな実績を軸として本書で展開しているのは、お金についての独  06:30 AM

  • ,,,,,, - By 印南敦史LIKE

    必ずしもポジティブである必要はない? ネガティブな気分がもたらす効用

    必ずしもポジティブである必要はない? ネガティブな気分がもたらす効用

    必ずしもポジティブである必要はない? ネガティブな気分がもたらす効用

    「ポジティブであること」は、あたかも正しいことのように解釈されがちです。ところが『ネガティブ思考力』(榎本博明著、幻冬舎)の著者は、心理学博士としての立場から、そのような考え方に真っ向から疑問を投げかけています。 世の中で成功している人はポジティブな心理傾向を身につけている。だから、ポジティブ思考を身につけて、ネガティブな思いは捨ててしまおう。そんなポジティブ信仰が猛威を振るっている。 だが、実  06:30 AM

  • ,,,,, - By 印南敦史LIKE

    実は肥満大国? 渡英した日本人妻が見た、イギリス人の食生活

    実は肥満大国? 渡英した日本人妻が見た、イギリス人の食生活

    実は肥満大国? 渡英した日本人妻が見た、イギリス人の食生活

    『イギリス毒舌日記』(ウィルトモ著、ワニブックス)は、2007年からスタートし、いまでは月間180万PVを突破しているという人気ブログを書籍化したもの。 30歳を過ぎるまで日本で働いていたという著者は、国際結婚を機に渡英。現在はイギリス人のご主人、5歳の娘、3歳の息子とともにカンブリア州カーライルという町で暮らしているのだそうです。 かつてオーストラリアで暮らしていたため、欧米文化は初めてではな  06:30 AM

  • ,,,,, - By 印南敦史LIKE

    悩みごとを「捨てる」という考え方

    悩みごとを「捨てる」という考え方

    悩みごとを「捨てる」という考え方

    人には、自分で自分を慌ただしい気持ちにさせるところがあります。 しかし、いくら慌てたところで、人生はどうなるものでもありません。 どんなに悩んでみたところで、事態が大きく改善するわけでもありません。 むしろ楽天的に、のんきに生きていくほうが賢く、人生はより豊かになります。 (「はじめに」より) そう主張するのは、『悩みごとの9割は捨てられる』(植西聰著、あさ出版)の著者。ただしそのためには、マイ  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    「40代」のための、時間の使い方に関する7つのルール

    「40代」のための、時間の使い方に関する7つのルール

    「40代」のための、時間の使い方に関する7つのルール

    2011年に、『40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則』という本が発行されました。リクルートの営業マンだった著者が1万人以上のビジネスパーソンに成功談・失敗談を聞き、そこから導き出した考え方をまとめたもの。台湾、韓国でも翻訳され、ベストセラーになったそうです。 きょうご紹介する『40代を後悔しない50のリスト【時間編】―――1万人の失敗談からわかった人生の法則』(大  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    「すぐやる人」になるために心がけておくべきこと

    「すぐやる人」になるために心がけておくべきこと

    「すぐやる人」になるために心がけておくべきこと

    1. 正確さ(アキュラシー=accuracy) 2. 迅速さ(スピード=speed) 3. 誠実さ(インテグリティ=integrity) (「はじめに」より) この3つが、自身の会社人としての行動の指針となってきたと記しているのは、『「すぐやる人」になれば仕事はすべてうまくいく』(金児昭著、あさ出版)の著者。信越化学工業で38年間にわたり、経理・財務の実務を担当してきたという人物です。 そんな経  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    分析から評価へ:プランニングに不可欠な4つのステップ

    分析から評価へ:プランニングに不可欠な4つのステップ

    分析から評価へ:プランニングに不可欠な4つのステップ

    かたや、外資系広告エージェンシーでストラテジック・プランナー(アカウント・プランナー)を務めてきた人物。そしてもうひとりは、豊富な経験を持つクリエイティブ・ディレクター。『売れる広告 外資系プロフェッショナルのグローバルメソッド』(前田環、伊東紅一、朝日新聞出版)は、バックグラウンドの異なるふたりの著者による広告指南書です。 左脳的な戦略的考察と右脳的な創造的跳躍。それぞれを専門とするプランナー  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    ポイントは「アイコンタクト」と「ターン」。相手の注意を引きつけるファシリテーション術

    ポイントは「アイコンタクト」と「ターン」。相手の注意を引きつけるファシリテーション術

    ポイントは「アイコンタクト」と「ターン」。相手の注意を引きつけるファシリテーション術

    『チームを動かすファシリテーションのドリル』(山口博著、扶桑社)の著者は、これまでに国内企業および外資系企業の日本法人で、人事や人材開発のリーダーを務めてきた人物。同時に「グローバルトレーニングトレーナー」としても、日本を含むアジアのビジネスパーソンの能力開発プログラムの開発と実施に取り組んできたのだそうです。 この能力開発プログラムの特徴は、「ビジネスパーソンが体得するべきスキルを分解し、1分  06:30 AM

もっと読む

Kotaku

Recommended

© mediagene Inc.