• GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

印南敦史 印南敦史

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    バッドニュースには感謝しよう! 部下の失敗との正しい向き合い方

    バッドニュースには感謝しよう! 部下の失敗との正しい向き合い方

    バッドニュースには感謝しよう! 部下の失敗との正しい向き合い方

    私がお伝えしたいことは、どんな企業であっても「人」を大切にしなければ長続きしないということです。外資系だからといって、「結果だけ出せばいい」「自分さえよければいい」という人は上には立てません。実際に私が接する機会があったほとんどのトップの方々は、人間的にも素晴らしい人物ばかりでした。(「プロローグ」より) こう語るのは、『いばる上司はいずれ終わる―世界に通じる「謙虚のリーダー学」入門』(鳥居正男  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    強い組織をつくるための7つのヒント

    強い組織をつくるための7つのヒント

    強い組織をつくるための7つのヒント

    『社長! すべての利益を社員教育に使いなさい』(大西 雅之著、あさ出版)の著者は、日本最大規模のインドア型テニススクール「ノアインドアステージ」(以下ノア)の代表取締役。右肩上がりで成長を続けているといいますが、その秘密は社員教育に関する考え方にあるようです。 社員教育にはできるだけ時間や人を投資するというのが、わが社のスタンスです。(中略)ですから、「社長はすべての利益を社員教育に使いなさい」  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    同時通訳者が教える、たった1つで説得力が増す英単語

    同時通訳者が教える、たった1つで説得力が増す英単語

    同時通訳者が教える、たった1つで説得力が増す英単語

    『同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳 エッセンシャル』(関谷英里子著、ディスカヴァー携書)の著者は、アル・ゴア米元副大統領、ダライ・ラマ14世、ヴァージン・グループ創設者のリチャード・ブランソン氏など著名人の講演会の同時通訳を務めてきたという人物。 業界トップの人々が使っている英語と日常的に触れるなか、「世界を熱狂させる彼らのスピーチは、なにかが違う」と気づいたのだそうです。しかも、  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    情報の乗り物としての「ふせん」の有用性

    情報の乗り物としての「ふせん」の有用性

    情報の乗り物としての「ふせん」の有用性

    ノートや手帳を活用することの効能を強調するのは、『1冊の「ふせんノート」で人生は、はかどる』(坂下仁著、フォレスト出版)の著者。しかもそれは、新入社員にも、管理職にも、起業家にも、主婦や学生にも活用できるものなのだそうです。 そこで、まずはチェックリストによって、ノートや手帳を使いこなせているかどうかを確認してみましょう。 □せっかく思いついたことをメモする前に忘れてしまう □お目当てのメモをす  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    組織を「バス」にたとえた場合、もっとも大切にすべき人材とは?

    組織を「バス」にたとえた場合、もっとも大切にすべき人材とは?

    組織を「バス」にたとえた場合、もっとも大切にすべき人材とは?

    私は学校を運営し、しかもフルタイムで教鞭をとっている。私たちの学校は今や世界中の教育関係者、企業関係者から手本と見なされていて、毎年数千人が見学にやって来る。(中略)さらにその合間を縫って世界中に出掛けて行き、講演までしている。(中略)正直なところ本を書くどころではなかった。それでもどうにか書き上げたのは、ここで私たちがやっていることは、私にとってもはや願望の問題ではなく、義務だった。(「はじめ  06:30 AM

  • ,,,,, - By 印南敦史LIKE

    上司として、幸せな職場をつくるためにやるべきこと

    上司として、幸せな職場をつくるためにやるべきこと

    上司として、幸せな職場をつくるためにやるべきこと

    『職場を幸せにするメガネ ~アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント~』(小林嘉男著、まる出版)の著者は、東証一部上場の半導体製造装置メーカーである株式会社ディスコの経理部長。同社は「働きがいのある会社」ランキングで、グーグルや日本マイクロソフトと並び、ここ数年トップ10にランクインし続けているのだそうです。 ところが、私が就任した頃の経理部は、経営陣からの評価も厳しく、社内的にも影響力が発揮できて  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    節約する秘訣は、「ラテ・マネー」を意識すること

    節約する秘訣は、「ラテ・マネー」を意識すること

    節約する秘訣は、「ラテ・マネー」を意識すること

    「ダイエットと節約はとてもよく似ている」と主張するのは、『その節約はキケンです――お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか』(風呂内亜矢著、祥伝社)の著者。ファイナンシャルプランナーとして、これまでに3000人以上の資産状況をヒアリングしてきたという人物です。でも、ダイエットと節約のどこに共通点があるのでしょうか? 大きな共通点は「世間の噂話を鵜呑みにするとキケン」という点です。(中略)節約法も  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    「持たない生き方」と、そこから広がる可能性

    「持たない生き方」と、そこから広がる可能性

    「持たない生き方」と、そこから広がる可能性

    『何を捨て何を残すかで人生は決まる』(本田直之著、青春新書インテリジェンス)の著者は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を手がけているという人物。ハワイと東京に拠点を構え、年の半分をハワイ、3カ月を日本、2カ月をヨーロッパ、1カ月をオセアニア・アジア等の国を旅しながら過ごしているのだといいます。 そんな著者が本書で提唱しているのは、「持たない生き方」。そう聞いてすぐに連想できるのはミニマリズム  06:30 AM

  • ,,,, - By 印南敦史LIKE

    「現金」の価値は低い? ファイナンスが教えてくれるおカネの真実

    「現金」の価値は低い? ファイナンスが教えてくれるおカネの真実

    「現金」の価値は低い? ファイナンスが教えてくれるおカネの真実

    『あれか、これか――「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門』(野口真人著、ダイヤモンド社)が伝えようとしているのは、タイトルの通り「ファイナンス理論」。それは、本当の価値を見抜き、正しい選択をするために人類が産み出した究極の実学なのだそうです。 ファイナンスはすべての価値をお金に置き換える、非常に"現金な"学問である。実際、ほとんどの金融商品・ギャンブル・詐欺は、「現金(キャッシュ)が持つ  06:30 AM

  • ,,, - By 印南敦史LIKE

    円滑なコミュニケーションを実現する「理系思考」とは?

    円滑なコミュニケーションを実現する「理系思考」とは?

    円滑なコミュニケーションを実現する「理系思考」とは?

    『理系の伝え方―最良の知恵を生み出す「ロジック&コミュニケーション」』(籠屋邦夫著、きずな出版)の著者は、東京大学で工学(理系)を学び、アメリカではスタンフォード大学で経営と意思決定論という"理系と文系が融合した分野"を学んだ実績を持っているそうです。さらに経営コンサルティングという仕事の現場は、そこで働く人たちの共同作業によって物事が成し遂げられるという、文系の側面が強い環境だったのだとか。  06:30 AM

もっと読む

Kotaku

© mediagene Inc.