• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  01:00 PM

【読者限定で最大18%オフ】思い出や趣味は浮かべて飾ろう! 思わず楽しくなっちゃう宙に浮くディスプレイフレーム

【読者限定で最大18%オフ】思い出や趣味は浮かべて飾ろう! 思わず楽しくなっちゃう宙に浮くディスプレイフレーム

20170405sorabako_lh.jpg


ギズモード・ジャパンより転載: なんだこれ、どうなってんの? 浮いてるの?

きっとはじめて見る人は頭に「???」が点灯することでしょう。いや、僕も最初はそうでした。だって、こんなディスプレイスタイル、今まで見たことありません。まるで宙に浮いているような......。いや、実際に浮いた状態で飾られているんですよね。


20170406sprabako1_lh.jpg


こちらの正体は「そらばこ」。ユニークなディスプレイスタイルを提案しているフレームです。色々はさんで浮かべちゃおう! ってね。そこで実際に編集部&ライターたちが、私物を持ち込んで色々な思い出や趣味をはさんでみましたよ。

「そらばこ」の使い方は簡単です。素材を入れる、順番どおりにしまう、飾って楽しむの3ステップ。収納の様子や、ディスプレイ例は以下動画を見るとよく分かりますよ。



あっという間に「宙に浮く」という、他の手段ではかなり不可能なディスプレイができあがります。このインパクトは、「おおっ!」となるはず。また、すっごく伸びる丈夫で特殊なポリウレタンフィルムなので、アクロバティックな角度で固定することもできるんです。刃物や針などはご遠慮いただかなければなりませんが、少々とがったものくらいなら大丈夫。


20170407sorabako2_lh.JPG


たとえば、子どもの思い出の品々を写真を入れてみました。

その時々の思い出を、ギュッと詰めこめる。これってステキじゃないですか? クラフトカラーモデルなら、色鉛筆やクレヨンで子どもにお絵かきしてもらうってのもにぎやかになりますね。実際に子どもがいる家庭なら、大事にとっておきたい小さい頃のアイテムとか多いと思うんです。実際「そらばこ」に入れてみると思い出は飾っておきたいなって気持ちになりました。


20170406sorabako4_lh.JPG


目に見えるところにこうやってディスプレイすれば、いつでも思い出に触れられます。家の中に思い出を放つ存在を置くのは、親にとっても嬉しいですし、子供にとっても嬉しい(恥ずかしいけど)ってなるはず。なるといいな。

生活の中で思い出や楽しい気持ちを共有し合うのって、僕はすごく大事なことなのだと思っています。そこでただ飾るよりもひと工夫。こうして浮かべるというスタイルなら、めずらしさ&楽しさが倍増するのではないでしょうか。

中に入れるアイテムは子どもの思い出グッズだけではありません。飾りたいもので溢れてるアニキたちは、もちろん自分のコレクションを浮かせてあげましょう!


170331deik03.JPG


飾っておきたい「オレの思い出ガジェット」があるなら、それらをまるで時空をとらえたかのようなスタイルでディスプレイすることができるわけです。あと、すごく伸びるからそれなりに大きくてもOK。


170331deik04.jpg


実際「これヤバイんじゃないの?」といった梱包も試しました。

Nintendo Switchを斜めに差し込んで固定するという荒業では、Nintendo Switchの長さに負けることなく、ポリウレタンフィルムがしっかりと伸びてしっかりとホールド。「大丈夫かぁ〜? いや、イケるか!?」というドキドキ感とワクワク感が入り交じり、収納できた時のテンションはすごいものがありました。ゲームボーイなんてあえて横向き固定。飾るという行為自体が不思議と楽しくなっちゃうんですよね。


170331deik05.JPG


めずらしさだけでなく、実用性も高いと思います。ほら、こんな風に複数のアイテムをひとつにまとめてディスプレイできるってのもいいところ。フィルムによって保護されているので、大事なアイテムにホコリも積りません。お掃除の手間がないというだけでもかなり優秀です。素材は紙(ダンボール素材)とフィルムだけなので、大きさの割に軽くて移動もらくらく。


20170406sorabako2.jpg


透明なシートではさむから、裏表それぞれに「顔」を作ることもオススメ。その日の気分に合わせてリバーシブルで楽しめるのも、このフレームならではです。


170331deik06.JPG


20170406sorabako4.jpg


これらの写真のように「動き」を表現できるのもGOOD。

「カメラやスニーカーは置いて飾る」なんて常識は通用しないのです。ビンテージカメラやお気に入りのスニーカーを躍動感あるスタイルで飾れるのはきっと「そらばこ」だけ。フィギュアやプラモデルなら、ポーズを取らせたまま浮かべられて、シーン再現とかもできちゃいますね。ああ、ガンプラも入れたいよガンプラ。

こうしてたくさんのお気に入りをギュッとはさんで時空をとらえる。もとい、宙に浮かべてディスプレイできる不思議なディスプレイフレーム「そらばこ」は、パッケージメーカーのジャパン・プラスさんが販売する、ディスプレイの新しい形です。

今回、読者限定・期間限定価格として、最大18%オフで購入できます! 限定価格での購入には以下のパスワードが必要です。販売ページで入力してからご購入ください。カラーバリエーションは、ダンボール素材をそのまま活かしたクラフトの他、白とグレーの3色でどんなお部屋でも使いやすい色味です。2個セット、3個セットは自由な組み合わせで色を選択できます。

*今回は、私物を使用して撮影をしております。商品はフレームのみ、中のアイテムは含まれません。


パスワード:sora5131


そらばこ 1個 ★sale★10%OFF
そらばこ 1個 ★sale★10%OFF

9,800円(税抜)割引価格:8,820円(税抜) 10% OFF

購入


そらばこ 2個セット ★sale★15%OFF
そらばこ 2個セット ★sale★15%OFF

19,600円(税抜)割引価格:16,660円(税抜) 15% OFF

購入


そらばこ 3個セット ★sale★18%OFF
そらばこ 3個セット ★sale★18%OFF

29,400円(税抜)割引価格:24,108円(税抜) 18% OFF

購入


限定価格での販売は、2017年5月9日(日)23時59分まで。思い出やお気に入りの数だけどうぞ。飾りたいものはきっと多いはずです。

source: ジャパン・プラス 1, 2, 3, 4, YouTube

(撮影: geneTV, 執筆: 小暮ひさのり)


MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.