• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,,  12:00 PM

Macのウィンドウ管理で活躍する7つのベストツール

Macのウィンドウ管理で活躍する7つのベストツール

170410macwindow1.jpg


MakeUseOf:あなたがお使いのMacのデスクトップはアプリのウインドウで散らかってしまっていないでしょうか? アプリだらけのデスクトップは作業の流れや効率性に悪影響を及ぼしてはいないでしょうか?

今回はMacのデスクトップをきれいに整理してくれる7つの人気アプリをご紹介します。便利なアプリを使いこなして作業効率をアップさせてみませんか?


Macのデスクトップ画面をきれいに整理整頓してくれるお役立ちツール


1. Magnet for Mac

Magnet for Macを使えば、スクリーンの至るところで、ウインドウの大きさを自由自在に変更することができます。いちいちアプリ画面を切り替える手間を省くと同時に、作業スペースを効率的に確保することができます。

まずはウインドウを好きな場所までドラッグします。場所をドラッグする際にはカスタマイズしたショートカットを使っても良いでしょう。ウインドウをスクリーンの端にドラッグすると、そのウインドウ画面が1/4サイズになります。スクリーンの左右端まで引っ張ると縦横半分のサイズになります。

Magnet for Macは同時に最大で6つのディスプレイ上で作業することが可能です。Spaces screen上でも利用可能ですが、別々のスペース間の移動はできません。Mavericks10.9以降の全てのmac OSで利用可能です。

このアプリは非常にシンプルで、とにかくまずはデスクトップをきれいに整理したいという方向けです。多機能搭載、というわけではありませんが、多くのMacユーザーにとって欠かせないアプリでしょう。



さらなる機能をお求めの方には


もしMacをさらにバージョンアップしたいなら、この2つを使ってみてください。


2. BetterSnapTool

BetterSnapToolはウインドウをスクリーンの上下左右いずれかの角にドラッグすることで、ウインドウの画面の場所と大きさを調整することができます。また、ショートカットもあります。

また、さまざまなカスタマイズができる点もポイント。プレビュー画面のデザインを変更したり、アプリごとにどれくらいの大きさに画面をリサイズしてほしいかをあらかじめ設定しておくこともできます。
BetterSnapToolはOS X 10.6以上で利用可能で、Mac App Storeから購入することができます。


3. Divvy Window Manager

Macのデスクトップがいくら広くても、たくさんのアプリを開きはじめるとすぐさまスペースがなくなってしまうもの。Divvy Window Managerはウインドウ画面を最適なサイズに調整してほしいときに最適なアプリです。

Divvyのアイコンをクリックすると、スクリーンをマス目(グリッド線)で区切った画面が表示されます。使用中のアプリをそのマス目(グリッド線)で区切られた区画に動かし、その上でクリックするだけ。アプリを複数の区画にまたがるように移動させると、その分だけアプリがスクリーン上でより大きく表示されます。マウスを使わず、ショートカットキーのみで操作を行うこともできます。

DivvyはMacとWindows両方に使える優れものですが、1700円と今回ご紹介するもののなかでは最もお高い商品です。Divvyのサイトから無料トライアルをダウンロードすることができます。Mac App Storeから購入ができます。


初心者の方にイチオシ


4. Optimal Layout

そこまでのパソコン通ではないけれど、Macのデスクトップ画面を整理してみたいという方。まずはOptimal Layoutを試してみてはいかがでしょう。Optimal Layoutを開くと、画面の左側に現在使用中のアプリ一覧が、そして右側にはディスプレイをマス目(グリッド線)で区切った画面が表示されます。

現在使用中のアプリの画面を上下左右どこでも、あらかじめ設定しておいた自分の好きな場所に配置することもできますし、グリッドを使ってさらにカスタマイズすることもできます。Divvyのようにマス目で区切られた画面をクリックするだけで使用中アプリの画面を自由に配置させることができます。またマウスでアプリを複数のグリッドエリアにまたがるようにドラッグすると、そのアプリがスクリーン上でより大きく表示されます。

他のツールのようにOptimal Layoutはカスタマイズしたショートカットを利用することができます。また、メニューバーやフィルタリングツールなどでよく使用されている場所を表示してくれます。Optimal LayoutはMac App Storeから無料トライアルをダウンロードすることもできますし、フルバージョンを購入することも可能です。


見逃せないその他のお役立ちアプリ


5. Window Focus

ではここで、グリッドやキーボードのショートカットキー以外で作業効率を上げる方法をご紹介します。Window focusは現在作業中のウインドウ画面のみを明るく表示してくれ、他のウインドウ画面を暗く表示してくれる優れものです。集中して作業しなければならない画面を一目で分かりやすく表示してくれるのです。

暗く表示する画面の色や影を選べたり、どのくらいの透過性にしておくかを設定することも可能です。Mac App Storeから購入可能です。


6. Spectacle

ショートカットキーを多用する方にはSpectacleが最も便利なアプリでしょう。ウインドウの動きを決定するための(キーボードの)ショートカットキーを自由に設定することができます。

SpectacleはオープンソースプロジェクトGithubか、アプリの公式サイトからダウンロードが可能です。


7. Split Screen

Split Screenはキーボードをひとたたきするだけで、ウインドウの画面表示をデスクトップの半分サイズにしてくれるという、とてもシンプルなアプリです。左右に振り分けたり、フルスクリーンサイズに戻すことも可能です。

Split ScreenはMac App Storeで840円で購入できます。


7 of the Best Mac Window Management Tools|MakeUseOf

Bryan Wolfe(訳:saori)
Photo by Shutterstock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.