• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,,  09:00 AM

イーロン・マスクの短いツイートから学ぶリーダーシップの極意

イーロン・マスクの短いツイートから学ぶリーダーシップの極意

170410_elon_leadership_tweet.jpg


inc.:先月(2017年3月)末、スペースX社は同社のファルコン9を再利用した初のリサイクルロケットを打ち上げました。CNNが報じた通り、「同じロケットが2回目の打ち上げに再利用され、軌道に乗ったのは、宇宙飛行史上初めてのことです」

この歴史的偉業が達成された翌日、マスク氏は次のようなメッセージをツイートしました。

「このマイルストーンを達成したスペースXのチームをこの上なく誇りに思う。次の目標は、24時間以内の再打ち上げだ。」

―イーロン・マスク

このツイートは短くてもしっかりパンチが効いているだけでなく、チームを率いる人なら誰もが学ぶべき極意が込められています。

主な極意は以下の2つです。


1.自分でなくチームの手柄であることを強調する


スペースX社の創業者であり推進者でもあるイーロン・マスク氏なら、この偉業を自分の手柄にするのは簡単だったはずです。でも、彼はチームの手柄であることを強調しました。

このように誠実で具体的な称賛こそ、社員にモチベーションを与え、チームの一員だと感じさせ、一丸となることで1+1が2よりはるかに大きな力になるような環境を生むのです(こういうことを心得ているのは、マスク氏だけではありません。バージングループ創業者のリチャード・ブランソン氏の最近の手紙や、前スターバックスCEOのハワード・シュルツ氏の古いメールにも同様の配慮がみられます)。

では、これをどのように実践したら良いのでしょうか。

早速、ちょっと時間を取ってチームを集合させましょう。そして、チームの仕事のどの点を素晴らしいと思っているのか、それはなぜかを伝えましょう。今後もそれを続けてください。

そうすれば、社員は素晴らしい業績を上げようと頑張り続けるでしょう。「君たちなら必ずできるはず」とあなたが思い込ませたからです。


2.進歩し続ける


マスク氏はチームの頑張りを上手に評価していますが、今回の栄光に胡坐をかくつもりは毛頭無く、社員にもそうあって欲しくないと思っています。

スペースX社の次の目標をすぐに発表することで、進歩し続けようとするマインドセットをマスク氏は表しています。さらに、明晰で曖昧さを避けたコミュニケーションの在り方も示しています。

チームを率いる立場にある人は以下のことを実践しましょう。

  • 常にクリアなビジョンを持ち、そのビジョンをチームが達成できるようにマイルストーンを設定する。
  • 部下は成長の機会を求めているので、適度に挑戦させ続ける。

あなたのチームは立派な仕事をする能力があります。リーダーの仕事は、チームに進むべき方向を示し、軌道から外れないように導くことです。

マスク氏が示す通り、ダラダラ長く退屈な話をしても優れたコミュニケーションはできません。たった1つの短いツイートでも凄い効力を発揮することを、マスク氏が証明しています。


With a Single Tweet, Elon Musk Just Gave a Master Class in Effective Leadership | Inc.com

Justin Bariso (訳:春野ユリ)
Photo by gettyimages.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.