• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

自重の90倍もの石油を吸い取るスポンジが開発される

自重の90倍もの石油を吸い取るスポンジが開発される

170317_gizmodo_mediagene.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:頼もしいけど、活躍しませんように。

アメリカでは、2016年の1年間だけでも301件の重大な石油流出事故が起きています(PHMSA調べ)。エクソンモービルによる200億ドル相当の新規工場建築の計画ダコタ・アクセス・パイプライン建設と今後もアメリカでは石油流出による自然破壊のリスクが縮小しそうにありません。


科学誌「Journal of Materials Chemistry A」で発表された新しいスポンジが、そんな薄暗い将来の予感に一縷の望みを見せてくれています。

New Scientistのレポートによると、アルゴンヌ国立研究所のセス・ダーリン氏率いる研究チームは自重の90倍もの石油を吸いとり、しかも絞って排出した石油を再利用できるスポンジを開発したそうです。

石油流出の対策として最もよく使われる素材はソーベントと言われるものですが、これは一度しか使えないプロダクトになっています。でも、今回の新素材は再利用が可能とのこと。

ポリウレタンの素材をシラン分子でコーティングすることで作られたダーリン氏のスポンジは、油を吸いとる速さも記録的なようです。



こちらのビデオで最初に写っているキューブ型のスポンジがその新素材。それをメッシュ地に入れてマットのようにしたのがビデオに登場する二つ目のプロダクトですね。

New Scientistはダーリン氏の「(新しい素材は)普通に購入したコーティングされていないスポンジや、市販されているソーベントよりもずっと効率的に吸収した」というコメントを紹介しています。深海での性能はまだ分からないものの、海上での作業の際や倉庫、それに石油流出が起こりうる場所へ大量にこの素材を準備しておく意味は多いにあるとダーリン氏は考えています。

トランプ政権の下、石油会社はこれまで以上に環境に負荷を与えるだろうと考えられています。なんていったって現アメリカ合衆国国務長官であるレックス・ティラーソンは、去年までエクソンモービルのCEOだったわけです。前述したエクソンモービルの計画はただその始まりにすぎず、今後ますます政府と石油業界の仲は親密になるのではないかと言われています。

エクソンモービルとホワイトハウスが同日に発表したプレスリリースも、一語一句全く同じ段落が混ざっているなど密なコミュニケーションが想像されます。

今回のスポンジが開発されたのは心強いですが、使わなくてはならない時がこないで欲しいものです。


source: New Scientist, Royal Society of Chemistry, PHMSA, Bloomberg, Los Angeles Times
reference: ExxonMobil, The White House

Rhett Jones - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.