• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,,  10:00 PM

集中力は資源である。プロに学ぶ集中のコツあれこれ

Sponsored

集中力は資源である。プロに学ぶ集中のコツあれこれ

170316_takarazuka_concentrationG.jpg


ビジネスパーソンにとって、集中力は欠かせないもの。しかし、集中を維持できる時間には限りがあり、なかなか持続できないと悩んでいる人も多いのでは。

一般的には、集中力を続けて維持できる時間は90分が限界と言われていますが、俳優やアスリート、作家などのプロフェッショナルは、長時間の本番のあいだ、集中力をコントロールする術に長けています。最近、子役の芦田愛菜さんが有名私立中学校に合格したことが話題になりました。日々のセリフの暗記や、演技への集中力が勉強にも活きたのかもしれませんね。

日本を代表する劇団、『宝塚歌劇団』で活躍する劇団員(タカラジェンヌ)たちも、そんなプロフェッショナル集団です。20倍以上もの倍率で宝塚に入団してからも厳しい稽古にあけくれ、舞台で成果を見せる日々の中で、常に高い集中力を求められています。

彼女たちはどのように自身の集中力をコントロールしているのでしょうか? そのコメントから、日々の習慣を紐解くことでヒントを見つけられるかもしれません。


集中力を高める秘訣1~スイッチの入れ方・切り方


170316_takarazuka_lesson1.jpg

提供/宝塚クリエイティブアーツ

宝塚のスターたちは約40日間の稽古を経て、3時間の舞台本番に臨む毎日を、1カ月以上にわたって続けます。その本番をもっともよい状態で迎えるためには、ときに力を抜くことも大切です。「集中力を高めるためにメリハリを大事にしている」という意見がたくさんありました。

「舞台の前は、舞台袖で目を瞑り深呼吸。自分が演じる役の名前や、その役の置かれている状況のイメージをふくらませて、その感情の中に自分を落とし込ませます。自分で自分の背中を押す感じですね」(男役 2004年入団)

「公演が終わり、楽屋に戻ってから、終わったことを実感するクールダウンの時間をゆっくりとります」(男役 2009年入団)

ほかにも、「オンとオフをハッキリさせて、家に舞台のことを持ち込まない」「劇団にいる時はひたすら稽古に没頭、家では台本や楽譜を一切見ない」「休む時は舞台のことは何も考えず、譜面も見ないようにする。そのかわり、オンになったら全力で取り組みます」といった声もありました。

プライベートの時間には仕事を持ち込まないことで、集中力を温存する...ビジネスパーソンにもヒントになりそうですね。


集中力を高める秘訣2~日々の稽古や勉強が自分への信頼を育む


170316_takarazuka_lesson2a.jpg

提供/宝塚クリエイティブアーツ

意外にも、「すごく"緊張屋"なんです」と話す劇団員もいました。どんなスターでも、本番の大舞台は緊張するもの。少しでも緊張や不安を和らげるためには、自信を裏打ちするだけの日々のトレーニングが大切だそうです。

「不安な時は事前練習しかない。稽古をどれだけ充実させてやりきったかが自信になり、本番の集中につながる。本番では、お客様にとってはたった一度の舞台かもしれないと常に考えています」(男役 2004年入団)

「なるべくたくさんの舞台や映画を観たりして、いろいろな知識や感情表現、または舞台人としての引き出しやイメージを増やす機会を作るようにしています」(男役 2004年入団)

ビジネスパーソンにとっても、大事なプレゼン前は練習などの事前準備が欠かせません。また、大事な商談や会議の前は「今までで最高の仕事をしよう!」と考えることで集中力が高められそうです。日々インプットをして勉強を続け、成長を目指すことも、集中力を支えてくれるでしょう。


集中力を高める秘訣3~メンタルをコントロール


170316_takarazuka_recoverG.jpg


誰にだって失敗することはありますし、うまくいかないときは落ち込みます。劇団員たちはどのようにメンタルをコントロールしているのでしょうか?

「『でも』『だって』『だけど』などネガティブな言葉を口にしない。何もせずに文句や言い訳をする前に、『やってみます』と一度受け止めることで変わるかもしれない。落ち込むときでも、一過性のものととらえ、無駄なエネルギーを使わないようにしています。」(男役 2004年入団)

「客観的にそのときの状況を見て『何が足りていないか』『何をするべきか』を冷静に把握。
自分の強み・弱み、今の欠点・課題・うまくいっていることが何かを理解するようにしています。1人の個人競技ではなく、チームの他の人とのバランスも大切。また、いい意味で『なるようになる』という考え方を持つことも大事ですね」(男役 2009年入団)

また、「稽古で行き詰まった時に過去の宝塚のDVDを観て、自分の好きな作品や憧れの上級生の演技を観ることで、元気と初心を取り戻す」という意見もありました。

冷静に自分を見る目を持ち、ポジティブな態度や考え方をなくさないことで、メンタルの消耗を避けているのですね。


集中力を高める秘訣4~リフレッシュ方法


170316_takarazuka_relaxG.jpg


最後は、リフレッシュの方法を紹介します。

「思い切って日常から離れて、時間に縛られない南の島で過ごす。リフレッシュして時間が過ぎると、早く舞台に立ちたい!という気持ちになってくるので、そこでまた次の目標を立てています」(男役 2004年入団)

「家を掃除、整理整頓する。心と家の中の状態はリンクしているので、まずは家の中を綺麗にしてから、アロマをたいたり、ハーブティを飲んだりしています」(男役 2009年入団)

「思い切り笑っておいしいものを食べる」という意見もあり、リフレッシュ方法は、多くのビジネスパーソンとあまり変わらないようですね。疲れたときに自分が元気になれる引き出しをいくつか持っておくことが、集中力の回復につながるのだと思います。


観劇を楽しみながら集中力を高めよう

170316_takarazuka_stage.jpg


全体で年間の観客動員数270万人以上を誇る宝塚歌劇ですが、その人気の秘密は豊富な演目にあります。『ベルサイユのばら』に代表されるロマンス・ストーリーを想像する人が多いと思いますが、最近では漫画やゲーム作品の舞台化により、男性客も増えています。

たとえば、人気漫画『るろうに剣心』やSF小説『銀河英雄伝説』、ゲーム『逆転裁判』など、宝塚らしさと原作の良さの両方を生かすコラボレーションが続々と登場し、新たなファンを獲得しているのです。


170316_takarazuka_daigekijou.jpg


宝塚の舞台は、本拠地である兵庫県の宝塚大劇場や東京・日比谷の東京宝塚劇場で観ることができます。チケットは宝塚歌劇オンラインチケットや、各種プレイガイドなど、様々な窓口で購入できます。

気になるチケットの金額は、座席によってランクがあり、スターを間近で観られる最前列のSS席は、大人ひとり12000円。以降、舞台から近い順に、S席8300円(東京宝塚劇場は8800円)、A席5500円、B席3500円。特にドレスコードはないので、服装は映画を観るのと同じ感覚でOK。当日はより細部まで舞台を楽しむために、オペラグラスを持っていくか、現地でレンタルを利用するのもお勧めです。

観劇は、観る側も集中することで、同じ作品でも人によって異なる発見のあるエンターテイメントです。集中しながらステージに目を向け、プロフェッショナルたちの最高のパフォーマンスを観ることで、新しい楽しみを得られるでしょう。


宝塚歌劇公式ホームページはこちら

(文:尾越まり恵)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.