• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

akutsu  - ,  11:00 PM

私が1カ月間、毎日腕立て伏せをして学んだこと

私が1カ月間、毎日腕立て伏せをして学んだこと

170308pushup1.jpg


先日のこと、たまたま、若い女性が100日間腕立て伏せをする動画を見ました。最初はガリガリに痩せていたその女性は、どんどん逞しくなっていきました。「私もそうなりたい」と思い、やってみたら、1カ月ですごい成果がありました。みなさんもきっと、できるはず!



この取り組みを始める前は、著者は3人の子どものお世話があり忙しくなったのもあり、機会があれば運動をする、といったタイプだったので、腕立て伏せを始めるには筋肉が少ないと感じていました。そのため、最初は大変でした。でも、日を追うごとに腕立て伏せは楽になり、身体が鍛えられていきました。この記事では、今回の取り組みを通して学んだことをお伝えします。


筋肉痛を感じるからといって、やめる必要はない


170215pushup-1.jpg


始めた当初は、大変ながらも、なんとか、完璧な形の腕立て伏せができました。でも、今までの私は、毎日の筋トレメニューから腕立て伏せを避ける傾向にありました。というのも、1、2セットやると、翌日、身体が痛くなってしまっていたからです。だから、毎日腕立て伏せを続けるには、慎重に進めなければなりませんでした。

幸い、私は痛みがある時も筋トレをする方法を知っていました。運動をやめるのではなく、必要と感じるだけトレーニングの負荷を軽くすれば良いのです。そこで、2、3日目は腕立て伏せを数セットだけにしました。痛みをとるには1週間以上かかりましたが、とにかく運動の負荷を軽くしてでも、腕立て伏せを続けることを重視しました。最初の段階で1日でもさぼったら、継続が難しくなることを知っていたからです。


継続は力なり


170215pushup2.jpg


私はこの1カ月、1日たりともさぼりませんでした。そして目標を、達成できそうな軽めの目標にしました。「1日1回以上、毎日、腕立て伏せをする、そしてそれを動画で撮影する」という目標です。

私は今まで、なかなかジムに行く時間を見つけられなかったので、毎日長時間の筋トレをするつもりはありませんでした。最初の段階で筋肉痛がひどくて腕立て伏せの回数を少なくしなければならなかったので、100回腕立て伏せする、といった目標も立てませんでした。

道具を使わないで行う毎日の筋トレメニューの一部としてやった日もありますが、ほとんどの日は、仕事の合間の休憩時間を活用して腕立て伏せをしました。Nagbotで毎日自分にメールが送られるように設定して、忘れないようにしました。


思っていた以上に早く上達!


170215pushup3.jpg


私は、続けると、まずは一定の時間にできる腕立て伏せの回数が増えると思っていましたが、最初に、私の腕立て伏せのフォームが良くなりました。

最初、VitalsのライターであるStephanie Leeさんに、私の腕立て伏せの動画を見せ、なおすべき点を聞きました。Stephanieさんは、私の肘が必要以上に外側に出ていること、手と手の間隔が広いことを指摘してくれました。でも「腕の筋肉がついたらフォームが自動的に修正されると思う」と予測していました。

そして、彼女の指摘どおりになりました。1週間後、まだ筋肉痛を抱えていた段階でも、肩の真下に自分の手を置けるようになったことに気付きました。それに、今まで半分くらい下に腕を曲げたら戻していたのに、しっかり腕を曲げ、床まで体を下ろせるようになりました。

一定の時間にできる腕立て伏せの回数は増えなかったものの、より良いフォームの腕立て伏せができるようになったので、フォームを維持しながら、新しいことに挑戦することにしました。例えば足を椅子に乗せたり、テーブルに乗せたり、子どもを背中に乗せたりしながら腕立て伏せをしています!

始めた時は、こんなことができるようになるとは思っていませんでした。これを維持しながら、来月、そして100日後に自分がどんな風になるか、とても楽しみです。


Beth Skwarecki(原文/訳:曽我美穂)

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.