• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  12:45 PM

米国の山火事、84%が人為的な原因

米国の山火事、84%が人為的な原因

170307wildfire1.jpg



Popular Science
:米国では過去20年間に数千件の山火事が起きていますが、そのほとんどが人間の過失によるものです。

2月27日付で「Proceedings of the National Academy of Sciences」に掲載された研究論文によれば、1992~2012年に発生した山火事の実に84%が、人間の引き起こしたものだったそうです。それだけでなく、人間は山火事の季節を長引かせていました。また、同期間に全米で焼失した面積の約44%が人間の責任だったそうです。

これらの数字をそのまま受け取ると、人間は非常に多くの山火事を引き起こしていることになりますが、決してすぐに納得できる結果ではありません。

論文の主執筆者のひとりであるBethany Bradley氏も「とても驚きました」と述べています。「山火事は山で起きる火事ですよね? この言葉から連想するのはやはり自然現象です」

しかし、現実は違います。山火事が起きたと聞いたとき、十中八九、原因は人間です。落雷のような自然現象が原因であることはほとんどありません。この傾向が特に強いのは米国東海岸です。東海岸はほかの地域より湿度が高いため、大規模な山火事が起こりにくいのです。

「東海岸の場合、1度の落雷くらいでは、山火事が起きる確率は低いでしょう」と、Bradley氏も述べています。同じ場所に何度か雷が落ちなければ、自然発火は難しいかもしれません。一方、乾燥した地域では、一度の稲妻だけでもすぐに発火します。

その結果、人口密度の高い東海岸では、西海岸や西部の山地、落雷の多いフロリダ州に比べ、人間が原因である山火事がはるかに起こりやすいのです。

今回の研究では、米森林局のKaren Short氏が編集、公開した巨大なデータセットを使用しました。森林局は国、州、自治体の情報をもとに、山火事の報告を収集しています。

データセットに含まれているのは、消防隊が出動した山火事です。生態系を保全するための野焼きは除外されています。

Bradley氏によれば、人間が引き起こした山火事のうち、最大の原因はごみの焼却で、29%を占めるそうです。故意に火をつける放火も21%を占めています。

多くの山火事は壊滅的な被害をもたらします。2016年12月にテネシー州東部のガトリンバーグで起きた山火事は、10代の若者2人による放火が原因と伝えられています。この山火事では、数千軒の住宅と数千エーカーもの森林が焼失しました。

さらに、機械の使用による山火事が11%、キャンプファイヤーと子どもの火遊びがそれぞれ5%を占めています。残りの原因はすべて1%以下でした。

しかし、驚くべきは、人間が引き起こした山火事の数だけではありません。人間は山火事の季節を大幅に長引かせているのです。雷が原因である山火事は通常、7~8月に狭い範囲(西部)で起こります。一方、人間の活動は1つの季節にとどまりません。人間が原因である山火事は春と秋に集中しています。その結果、消防隊は長期にわたり、山火事を警戒しなければならなくなっています。

論文によれば、消火活動のコストはすでに年間20億ドルを超えているそうです。この数字には、火災による経済的な損失は含まれていません。

この論文では、ある興味深い事実も指摘しています。少なくとも1年に一度、米国の文化が山火事のタイミングを決定しているというのです。人間が原因の山火事が最も多い日はいつだと思いますか? 答えは7日4日です(独立記念日で、各地で花火が打ち上げられる)。

Bradley氏らはすでに、さらなる研究を進めようとしています。最初の目標は、山火事の規模を詳しく調べ、出火原因との関係を突き止めること。2つ目は、出火場所の地理的な分布を調べることです。山火事は自然の中で発生しているのでしょうか? それとも、人間と自然が交わる場所で発生しているのでしょうか?


Humans are responsible for the vast majority of wildfires in the U.S.|Popular Science

Mary Beth Griggs(原文/訳:米井香織/ガリレオ)


MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.