• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  10:00 PM

デジタル化の真逆を進む「インスタント写真」の未来

デジタル化の真逆を進む「インスタント写真」の未来

20170226_cp_insta1.jpg


今、手軽に写真を撮るとしたらほとんどの人はスマートフォンを片手に撮影するでしょう。しかし、撮った写真は結局フォルダに入れられたまま見返されずに眠ってはいないでしょうか?

そんな時代だからこそ、撮った思い出をその場でカタチにしてみては? 今回は、カメラの祭典「CP+2017」でFUJIFILMが展示していたスマートフォン用ポータブルプリンター「"スマホdeチェキ" instax SHARE SP-2」(以下、「instax SHARE SP-2」)についてご紹介します。


「instax SHARE SP-2」でできること


「instax SHARE SP-2」はスマートフォンに保存されている画像を、専用アプリからWi-Fiで送信するだけでその場でプリントできるというもの。ハガキサイズの小型ポータブルプリンターで、USB端子から充電できるバッテリーも搭載されているので持ち運びにも便利。また、アプリを利用することによって写真の調整をしたうえでプリントすることもできます


「インスタント写真」が復活するかもしれない


20170226_cp_insta3.jpg

デジタルカメラやカメラ付ケータイが普及する前の時代には、ポロライドカメラなどで撮った写真をその場で交換する「インスタント写真文化」がありました。そうした文化を支えた製品の1つが、FUJIFILMブースでも展示されていたインスタントカメラ「チェキ」です(トップ画像参照。製品名は「instax mini 8+」)。

そして2014年にはスマートフォンで撮影した写真をその場でプリントすることができる「instax SHARE SP-1」が発売されました。「instax SHARE SP-2」も含め、これらはチェキの文化的な"後継機"といえると筆者は思っています。

撮ったその場でプリントされた写真にフィルムカメラを知らない世代が紙媒体の良さを感じるようになってきています。筆者も友人との旅行で撮影した写真をプリントし、手帳に挟んで持ち歩いているのですが、目にとまりやすく紙ならではの楽しみ方だと感じています。


20170226_cp_insta4.jpg


そして、「instax SHARE SP-2」ではかつてのチェキが持っていたアナログならではの淡い風合いは残しつつ、高解像度になりました。古いインスタントカメラでは撮ることが難しかった暗い場所での写真や、細かい部分も進化したスマートフォンのカメラなら撮れます。それをその場でキレイにプリントできるようになりました。

さらに、同じ写真を複数枚プリントしたり、写真を選択してベストショットをプリントすることができるようになったことも、かつてのチェキではできなかったことです。

写真をフィルムで現像していた時代から、デジタルカメラやスマートフォンの普及によりデータとして扱われるようになりました。ですが時代は繰り返し、昔と同じようなアナログ特有の写真に良さを感じる流れが来ているのではないでしょうか?

そして、この流れに対応するように登場した「instax SHARE SP-2」は、スマートフォンで手軽に撮影を楽しめるようになった現代に、「インスタント写真の文化」を新しい形で復活させてくれるのではないか、筆者はそんな期待を感じています。


(文・写真/城岡来奈)

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.