• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

春野ユリ  - ,  09:00 AM

飼い主のお下がりで愛犬のセーターを作る方法

飼い主のお下がりで愛犬のセーターを作る方法

170215_dog_sweater.jpg


寒い季節には、犬用のセーターやジャケットが必要なワンちゃんたちもいます。ほんの少し裁縫の手間を取るだけで、飼い主の古くなったセーターやトレーナーを愛犬用に変身させる方法をビデオでご覧ください。



最初にすることは、型紙を作るために愛犬のサイズを測ることです(ビデオの01:00のあたりでやり方を説明しています)。誰かに犬を押さえておいてもらうか、おやつで犬の気を引く必要があるかもしれませんが、一度サイズを測ってしまえば、同じ型紙を何度も繰り返し使えます。

犬の動き回りやすさを考慮すると、少し伸縮性のあるセーターを使うのがベストです。あまり伸縮性の無い素材を使う場合は、ちょっと大きめに作れば良いでしょう。セーターの上に型紙を置くときは、セーターの裾の部分が犬のセーターの裾として活用されるように置けば、裾をまつり縫いする手間が省けます。

セーターの上で型紙をなぞり、線に沿って切り取りましょう。袖をつけたい場合は、セーターの袖口から袖にする部分を切り取ります。切り取った前身ごろと後ろ見ごろを縫い合わせたら、セーターの首回りを再利用して犬用セーターにも首回りをつけます。これと同じテクニックは古いトレーナーやTシャツにも使えます。ビデオはフードの付け方も教えています。

さあ、これで、愛犬が暖かくなるだけでなく、着古したりシミやシワのついたセーターやトレーナーを捨てずに再利用できます。名案でしょう。


DIY Dog Sweater | Annika Victoria (YouTube)

Heather Yamada-Hosley(原文/訳:春野ユリ)

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.