• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

開發祐介  - ,,,,  10:00 PM

仕事中はなにを飲むべき? 「飲み物」でビジネスを快適に進める方法

Sponsored

仕事中はなにを飲むべき? 「飲み物」でビジネスを快適に進める方法

170214_kirin_supli.jpg


単なる水分補給としてだけでなく、仕事中の息抜きや集中力アップのきっかけとして欠かせないのが「飲み物」

朝は頭を覚醒させるためにコーヒーでカフェインを摂取、ちょっと疲労がたまっているときはエナジードリンクで復活! などといったように、気分や目的で飲み物を"使い分けている"という人も多いと思います。

本日KIRINから発売されるサプリメントウォーターサプリ レモンも、ビジネスパーソンにオススメしたい要素がふんだんに詰まった飲み物の1つ。

そこで今回は、ライフハッカー[日本版]編集部のメンバーが「いつも仕事中になにを飲んでいるのか」についてアンケートをとり、この「サプリ レモン」も含め、仕事をより快適に進めてくれそうな飲み物を紹介します!


コーヒーを飲むベストなタイミングは?


170214_kirin_supli4.jpg


編集部全員が仕事中によく飲むものとして真っ先に挙げたのは、やはりコーヒーでした。

飲むタイミングとしては、「午前中の眠気覚まし」「原稿を書く時の刺激に」「ダレた時に集中力を取り戻す」などで、皆カフェインの効果を期待しているようですね。

副編集長の金本は、朝起きた直後ではなく、お昼ちょっと前くらいに飲むようにしているそうです。

「一般的に『朝はコーヒー』というイメージがありますが、朝目覚めると体内では『コルチゾール・ホルモン』という血糖値や血圧を上げるための物質が分泌され、身体を覚醒させようとするという話を聞いたことがあります。そのタイミングでコーヒーを飲んでも、すでに燃え上がっている炎に少し燃料を足すようなものなので、ちょうど覚醒状態が切れはじめるだろう11時前後に飲むのが、個人的にはもっとも効果的だと感じています。もちろん個人差はあると思いますが」(金本)

一方編集部員の大嶋は、コーヒーは昼食後に飲むのがルーティン。襲ってくる眠気をカフェインで退治します。

コーヒーはシャキっとしたいタイミングで飲むのがベストだということでしょう!


「水」は常に傍らに置いておくべし


170214_kirin_supli5.jpg


その次に多かったのは「水=ミネラルウォーター」です。これまた定番ですね。

編集部の神山は「1日に2Lは飲みます。『水を飲まないと代謝が落ちる』という説を、体感しているので」。

同じく大嶋も、「1日2L以上を目途に、食事中もかなり多く飲んでます。今までの経験上、思考が詰まってくる時は水を多く飲んでない時という感覚があります。仕事に集中しすぎたり、会議や打ち合わせが続いたりする中でつい水分を摂るのを忘れてしまうこともあるので気をつけています」とのことで、2人とも十分な量の水分を摂ることが重要だと考えているようです。

人間の身体の約70%は水分でできているというのはよく言われることですが、水分の不足は脱水症状をはじめ、さまざまな不調の原因となると言われています。常に良いコンディションで働くためにも、ミネラルウォーターに限らずですが、水分はデスクの傍らに常備しておくといいでしょう。


緑茶はリラックスタイムに&いつでも飲めるベースの飲み物


水やコーヒー以外でも、さまざまな飲み物が挙がりました。

編集部の香川城岡はいつも緑茶を飲んでいます。

「取材やミーティングがひと段落してリラックスしたい時は、緑茶を飲んでいます。抗酸化作用があって身体に良い感じがするので、私は緑茶派です」(城岡)

また、編集長の米田は、乾燥で痛めがちな喉を癒すためにはちみつ入りの生姜湯を愛飲。打ち合わせやインタビュー、トークイベントの出演など話す仕事が多いだけに、冬場は必需品とのこと。

「生姜湯は弱った胃腸にも優しくて、身体も温まるので冬はオススメです」(米田)

そのほか、「塩分補給目的で味噌汁」「牛乳の代わりとしてアーモンドミルク(乳糖不耐症でお腹を壊すので)」「本当に疲れた時は某有名エナジードリンク2種類を混ぜたスペシャルドリンク」などなど、ちょっと変わった回答もありました。


仕事で溜まりがちなストレス対策には?


170214_kirin_supli2.jpg


冒頭で紹介したKIRINの「サプリ レモン」はパッケージにもある通り、「ストレス」が気になる人に向けてつくられたドリンクだそう。仕事中にも手軽に飲める、ビジネスパーソン御用達のドリンクとなりそうですね!

サプリ レモンには、「テアニン」「クエン酸」が含まれているのが特徴です。

テアニンには、一時的なストレスを軽減させる機能があり、また、ストレスで疲れを感じやすくなっている時を考えて、日常生活や運動後の疲労感を軽減してくれるクエン酸も配合しています。2つの機能素材が配合されているのは嬉しいですね。


170214_kirin_supli3.jpg


さわやかなレモン風味で飲みやすい! ストレスを感じやすい事務作業に挑む前に飲むのがオススメです。また、大事な会議の前のような緊張感のあるシーンにも良いですね。甘すぎず酸っぱすぎずゴクゴク飲めるので、仕事の集中を妨げることもなさそうです。


「飲み物」は手軽で"習慣化"しやすいから、イイと思ったら今日から取り入れよう!


新しい習慣を定着させていくコツは、「毎日実践すること」「必要なものを目につくところに置くこと」、そして「すでにある習慣を利用する」ことだと言われています。

運動や食生活の改善を習慣化するのはなかなかの覚悟と努力が必要です。しかし、誰もが当たり前に生活の中で取り入れている「水分補給」で、手軽に気分や体調を整えられるのは嬉しい限り。

今日からコーヒーやミネラルウォーター、緑茶など、いつもの飲み物のラインナップに「サプリ レモン」を加えて、無理のない健康習慣と快適なビジネスライフを手に入れてみてはいかがでしょうか。

本日2/14(火)から全国発売です!


サプリ レモン|キリンビバレッジ株式会社

(文/開發 祐介、写真/木原基行)
Photo by shutterstock.


機能性表示食品
●届出表示:
本品にはテアニン(L-テアニン) が含まれます。テアニンは心理的負荷のかかる事務作業により発生する一時的なストレスを軽減することが報告されています。
本品にはクエン酸が含まれます。クエン酸は継続摂取により日常生活や運動後の疲労感を軽減することが報告されています。
●本品は国の許可を受けたものではありません。
●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

MORE FROM LIFEHACKER

powered by

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.