• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  -   09:00 AM

もっとも壊れやすい(そして壊れにくい)ハードディスクドライブはこれだ: Backblaze調べ

もっとも壊れやすい(そして壊れにくい)ハードディスクドライブはこれだ: Backblaze調べ

170213_unbreakable_storage.jpg


バックアップサービスのBackblazeは毎年、データセンターにあるストレージの故障率を調べています。今年も例年通り、あらゆる種類のドライブについて様々なデータが得られました。

2016年末までに、Backblazeは7万3653台のハードディスクドライブを分類しました。そのなかで4TB東芝モデル、8TB東芝モデル、8TBシーゲイトモデルの3モデルは、故障したという記録はありませんでした。ただし、8TBのドライブは11月に発売されたばかりで、実際は正確な比較ではありません。もっとも重要なのは、全体の故障率がわずか1.95%だったことです。2015年の2.47%、2014年の6.39%から下がり続けています。


昨年の故障率をベンダーごとにみると、もっとも高かったのはWestern Digital(WDC)の3.88%。しかし数量面では、Seagateの故障率2.65%が際立っています。これは、調査対象となったドライブの数がWDCの1626台であったのに対し、シーゲイトは4万5531台だったことによります。興味のある方は、Backblazeのサイトで故障率計測方法、ドライブ数、調査日をご確認ください。

さらに面白い内容として、ここには2013年まで遡った統計も含まれています。特筆すべきはSeagateのST1500DL003モデルで、故障率はなんと90.92%でした。

当然ながら、ここにあるデータはすべてBackblazeが収集したものに限られ、データセンターにあるものだけです。おそらく一般ユーザーは、ハードドライブを調査と同じ方法では接続しないでしょうから、ユーザーが経験する内容と一致するとは限りません。

とはいえ、新しいハードディスクドライブを買おうとしている方や、現在使用中のものが少し気になる方なら、このリストはよくできていますし、まず目を通しておくべきものでしょう。


Backblaze Hard Drive Stats for 2016 | Backblaze

Thorin Klosowski原文/訳:コニャック)
Photo by gettyimages.

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.