• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  07:00 AM

アカデミー撮影賞受賞映画をイッキ見できる動画!

アカデミー撮影賞受賞映画をイッキ見できる動画!

170207_gizmodo_mediagene.jpg


ギズモード・ジャパンより転載:目の保養にもなるよ。

2月26日(現地時間)に控える第89回アカデミー賞授賞式を前に、シネマ系YouTubeサイトのBurger Fictionが歴代のアカデミー撮影賞受賞映画をまとめた約7分の動画をアップしたと、Laughing Squidが伝えています。

アカデミー賞の予習や撮影の勉強にも使えるまとめ動画をお楽しみください。



動画はBurger Fictionより。

動画内で紹介されている受賞作は以下の通りです。1927年の第1回アカデミー賞の受賞作まで遡り、2016年はノミネート作を紹介しています。

1927年:『サンライズ』

1928年:『White Shadows in the South Seas』

1929年:『バード少将南極探険』

1930年:『タブウ』

1931年:『上海特急』

1932年:『戦場よさらば』

1934年:『クレオパトラ』

1935年:『真夏の夜の夢』

1936年:『風雲児アドヴァース』(モノクロ)、『沙漠の花園』(カラー)

1937年:『大地』(モノクロ)、『スタア誕生』(カラー)

1938年:『グレート・ワルツ』(モノクロ)、『Sweethearts』(カラー)

1939年:『嵐が丘』(モノクロ)、『風と共に去りぬ』(カラー)

1940年:『レベッカ』(モノクロ)、『バグダットの盗賊』(カラー)

1941年:『わが谷は緑なりき』(モノクロ)、『血と砂』(カラー)

1942年:『ミニヴァー夫人』(モノクロ)、『海の征服者』(カラー)

1943年:『聖処女』(モノクロ)、『オペラの怪人』(カラー)

1944年:『ローラ殺人事件』(モノクロ)、『ウィルソン』(カラー)

1945年:『ドリアン・グレイの肖像』(モノクロ)、『哀愁の湖』(カラー)

1946年:『アンナとシャム王』(モノクロ)、『仔鹿物語』(カラー)

1947年:『大いなる遺産』(モノクロ)、『黒水仙』(カラー)

1948年:『裸の町』(モノクロ)、『ジャンヌ・ダーク』(カラー)

1949年:『戦場』(モノクロ)、『黄色いリボン』(カラー)

1950年:『第三の男』(モノクロ)、『キング・ソロモン』(カラー)

1951年:『陽の当たる場所』(モノクロ)、『巴里のアメリカ人』(カラー)

1952年:『悪人と美女』(モノクロ)、『静かなる男』(カラー)

1953年:『地上より永遠に』(モノクロ)、『シェーン』(カラー)

1954年:『波止場』(モノクロ)、『愛の泉』(カラー)

1955年:『バラの刺青』(モノクロ)、『泥棒成金』(カラー)

1956年:『傷だらけの栄光』(モノクロ)、『80日間世界一周』(カラー)

1957年:『戦場にかける橋』

1958年:『手錠のまゝの脱獄』(モノクロ)、『恋の手ほどき』(カラー)

1959年:『アンネの日記』(モノクロ)、『ベン・ハー』(カラー)

1960年:『息子と恋人』(モノクロ)、『スパルタカス』(カラー)

1961年:『ハスラー』(モノクロ)、『ウエスト・サイド物語』(カラー)

1962年:『史上最大の作戦』(モノクロ)、『アラビアのロレンス』(カラー)

1963年:『ハッド』(モノクロ)、『クレオパトラ』(カラー)

1964年:『その男ゾルバ』(モノクロ)、『マイ・フェア・レディ』(カラー)

1965年:『愚か者の船』(モノクロ)、『ドクトル・ジバゴ』(カラー)

1966年:『バージニア・ウルフなんて怖くない』(モノクロ)、『我が命つきるとも』(カラー)

1967年:『俺たちに明日はない』

1968年:『ロミオとジュリエット』

1969年:『明日に向かって撃て!』

1970年:『ライアンの娘』

1971年:『屋根の上のバイオリン弾き』

1972年:『キャバレー』

1973年:『叫びとささやき』

1974年:『タワーリング・インフェルノ』

1975年:『バリー・リンドン』

1976年:『ウディ・ガスリー/わが心のふるさと』

1977年:『未知との遭遇』

1978年:『天国の日々』

1979年:『地獄の黙示録』

1980年:『テス』

1981年:『レッズ』

1982年:『ガンジー』

1983年:『ファニーとアレクサンデル』

1984年:『キリング・フィールド』

1985年:『愛と悲しみの果て』

1986年:『ミッション』

1987年:『ラストエンぺラー』

1988年:『ミシシッピー・バーニング』

1989年:『グローリー』

1990年:『ダンス・ウィズ・ウルブス』

1991年:『JFK』

1992年:『リバー・ランズ・スルー・イット』

1993年:『シンドラーのリスト』

1994年:『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』

1995年:『ブレイブハート』

1996年:『イングリッシュ・ペイシェント』

1997年:『タイタニック』

1998年:『プライベート・ライアン』

1999年:『アメリカン・ビューティー』

2000年:『グリーン・デスティニー』

2001年:『ロード・オブ・ザ・リング』

2002年:『ロード・トゥ・パーディション』

2003年:『マスター・アンド・コマンダー』

2004年:『アビエイター』

2005年:『SAYURI』

2006年:『パンズ・ラビリンス』

2007年:『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

2008年:『スラムドッグ$ミリオネア』

2009年:『アバター』

2010年:『インセプション』

2011年:『ヒューゴの不思議な発明』

2012年:『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

2013年:『ゼロ・グラビティ』

2014年:『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

2015年:『レヴェナント: 蘇えりし者』

※ノミネート

2016年:『メッセージ』、『ラ・ラ・ランド』、『LION ライオン 25年目のただいま』、『ムーンライト』、『沈黙 サイレンス』

これを見たら受賞の傾向が何となく見えてきたのでは。ということは今年の受賞はーー? 


image: YouTube
source: Laughing Squid, YouTube

(中川真知子)

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.