• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • gene
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

ライフハッカー編集部  - ,  12:00 PM

口の悪さは正直さのサイン:研究結果

口の悪さは正直さのサイン:研究結果

170126filthy.jpg


Inc.:悪態をつくことは、たいていの場面で不適切とされています。けれども、それはなぜでしょうか?

相手を遠ざけてしまうから、と考える人もいるかもしれません。ですが、そうではないことが、研究でわかっています。実は、多少下品な言葉は、絆を深めるはたらきをすることが多いのです。では、汚い言葉を使うと、愚かな人だと思われるから? それも違います。罵り言葉のボキャブラリーの豊富さと、言語能力の高さの相関性が、科学的に示されているのです。

罵り言葉が嫌がられるのは、無垢な子どもたちを守るためでしょうか? ところが実際には、汚い言葉を折に触れて耳にすると子どもに悪い影響が出るという説も、専門家が納得しているとはとうていいえません

それならば、こんな理由はどうでしょうか? 罵り言葉を使ってはいけないのは、その人の人格が疑われ、評価が悪くなるからにちがいない、と。少なくともこの理由なら、科学的根拠があるのではないでしょうか? しかし、汚い言葉遣いを嫌う人たちには申し訳ないのですが、「口汚い人は軽蔑される」というこの理由も、科学研究によって否定されてしまいました。最新の研究によると、罵り言葉をまくしたてる人たちのほうが、汚い言葉を避ける人たちに比べて、正直で信用できる傾向が強いことがわかったのです。


口の悪さと性格の良さは両立する


3つのパートで構成されるこの最新研究は、2017年に「Psychological and Personality Science」誌で発表される予定です。この研究では、3つの冴えた方法により、口の悪さと正直さの相関性が調べられました。

まずは、276人の研究志願者を対象に、自分がどれくらい汚い言葉を使うかを申告してもらい、さらに、自分が正直な行動をとったさまざまな状況を詳しく説明してもらいました。次に、研究チームは7万3000人のFacebookユーザーの近況を分析して、不正直さの証拠と認められる過去の記述を探し、口の悪さとの相関性がないかどうかを調べました。

最後に、より広い文化的なレベルで、汚い言葉の使用と性格との相関性を調べました。それにあたっては、非営利の報道機関「センター・フォー・パブリック・インテグリティー(Center for Public Integrity)」による正直度分析が使われました。2012年にアメリカの48州で実施されたこの分析では、州政府の透明性と説明責任の度合いが測定されました。今回の研究では、この正直度分析の結果と、それぞれの州の住民がFacebookの投稿記事で汚い言葉を使う頻度とを比較しました。

どの手法で調べた場合でも、結果は同じになりました。口汚い言葉を多く使う人ほど、正直で信用できる人である確率が高かったのです。


口の悪い人はフィルターが少ない


汚い言葉を使うことは、発言の正直さと、いったいどう関係するのでしょうか?

「汚い言葉をたくさん使う人は、(中略)言葉をフィルタにかけていません。ですからおそらく、話の内容についても、フィルターにかけていないと考えられます。そうしたフィルターは、話の内容を不正直なものに変えてしまう可能性もはらんでいます」と、研究の共同執筆者であるケンブリッジ大学のDavid Stillwell氏は説明しています。「真っ先に頭に浮かんだ言葉を使う人は、真実をあれこれともてあそぶ傾向が弱いといえます」

ひっきりなしに口汚い言葉を使う人にとっても、そうした人をすぐに非難する人にとっても、この研究結果からは学ぶべきところがあります。あなたが汚い言葉をつい使いがちで、それをまずいと思っているのなら、この研究結果を見れば、汚い言葉を使う癖は自分の性格の長所を表しているのかもれない、と安心できるはずです。とはいえ、あなたの上司や子どもの先生の意見が、この研究結果と一致するとはかぎりません。ですから、これをきっかけに新たなプライドが芽生えたとしても、時と場合をわきまえて使うようにしましょう。

口汚い言葉を使うのは道徳的に問題で、性格上のなんらかの欠点を表していると教えられてきた人たちにとっては、今回の研究(と、口の悪さがそれほど大きな問題とは結びついていないらしいことを証明する同様の研究)は、考え方を見直すきっかけになるはずです。罵り言葉のボキャブラリーが豊富な人はみんな天使だ、と言っているわけではありませんが、今回の研究によって、口の悪い人たちのほうをより疑ってかかることに根拠はないと示されているのはたしかです。それどころか、ほかに特に問題がないのなら、彼らのほうをこそ信用してみるべきなのかもしれません。


A Filthy Mouth Is a Sign of Honesty, New Science Shows|Inc.

Jessica Stillman(原文/訳:梅田智世/ガリレオ)
Photo by Shutterstock

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.