• GIZMODO
  • FUZE
  • BUSINESS INSIDER JAPAN
  • DIGIDAY
  • gene
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • roomie
  • machi-ya
  • GIZMODO
  • DIGIDAY
  • gene
  • cafeglobe
  • MYLOHAS
  • Glitty
  • machi-ya
  • roomie

Ecommerce  - ,,,  04:00 PM

北海道の大自然から生まれたNALUQで潤いの冬を

北海道の大自然から生まれたNALUQで潤いの冬を

170113_naluq_top_R.jpg


ECモールmachi-yaに出店する「ARIGATO GIVING」で取り扱っている「NALUQ(ナルーク)」シリーズは、森の中のイメージをそのまま香りに表現しています。寒さ、忙しさ、乾燥など、冬にはストレスを感じる要素が多くあるもの。生活の中で使うアイテムに森の香りをプラスしてみましょう。

NALUQは、北海道原産の植物エッセンシャルオイルや、木々のエキスをふんだんに使っていて、他の材料も国産&オーガニック。心にも体にも潤いをもたらしてくれます。

まずは、ボディーに使える3アイテムをご紹介しましょう。


NALUQ_ナルークソープ


170113_naluq_01_R.jpg


「ナルークソープ」は、洗顔だけでなく体にも髪にも使える、ナチュラルな原料だけで造られています。石鹸としての主成分であるオイルのヤシ油、パーム油、コメヌカ油は全て北海道産。また、保湿成分であるヨモギ葉エキス、シラカバ葉エキスは、まさに森からの恵みともいえます。

緑のパッケージ「Spring ephemeral(スプリングエフェメラル)」には、北海道の森の香りに、オレンジやパチューリなど明るい花のような香りがプラスされています。また、青のパッケージ「Lichen(ライケン)」は、ユーカリやライムなど清潔感を感じられる香りです。


NALUQ_ナルークリップバーム


170113_naluq_02_R.jpg


冬のカサカサ唇にはリップバームで対策を。

みずみずしい艶のある唇は男性も女性も憧れるところですが、特に男性の場合、スティック型のリップクリームは、塗る時にちょっと恥ずかしい...と感じることもあるでしょう。

そこで、丸い缶に収まった「ナルークリップバーム」がおすすめです。小ぶりなサイズですので、鞄に入れてもポケットの中でも邪魔になりません。

主成分であるナタネ油・ヒマワリ油、リップバームに欠かせないミツロウは、ともに北海道産を使用。もちろん、口に触れるものですから、全ての原材料はオーガニックにこだわり製造されています。

森に咲く小さな花々をイメージした緑のパッケージ「Spring ephemeral(スプリングエフェメラル)」には、パルマローザなど華やかな香り。青のパッケージ「Lichen(ライケン)」には、ベルガモットなどの爽やかな香りをプラスしています。


NALUQ_ナルークボディオイル


170113_naluq_03_R.jpg


「ナルークボディオイル」は、北海道産モミエッセンシャルオイルを配合したボディーオイルです。少量でも伸びが良くべとつきが少ないため、乾燥が気になるこの季節にピッタリです。

原料には名寄市で栽培・製油されたヒマワリ油を使用しており、地域資源活用にフォーカスした「第2回ジャパンメイド・ビューティ アワード」コスメティック部門優秀賞を受賞しました。

緑のパッケージ「Spring ephemeral(スプリングエフェメラル)」は、北海道の森の雪溶けと花々が咲き始める頃をイメージした香り。青のパッケージの「Lichen(ライケン)」は、トドマツの森の清涼感あふれるイメージを香りで表現しています。

他にも伊豆大島の椿オイルなど、原材料は全てオーガニックオイルを使用。肌が敏感になるこの季節だからこそ安心して使えるボディーオイルといえます。冬のカサカサ肌に潤を与えながら、森の香りを満喫してみませんか?


machi-ya

(藤加祐子)

  • ,,,,,,,,,,,,,,, - By 香川博人LIKE

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    ライフハッカー編集長が実践する、タクシー「ちょい乗り」仕事術

    Sponsored by 東京四社営業委員会 2017年1月30日から新たにスタートした東京都(東京都23区、三鷹市、武蔵野市)のタクシー初乗り運賃。これまでの700円〜730円/2kmが、380円〜410円/1.052kmと近距離の移動がおトクになり、「気軽にタクシーが利用できる!」と話題となっています。では、忙しいビジネスパーソンにとって、単なる移動手段だけではなく、タクシーだからこその使い方  11:00 AM

MORE FROM LIFEHACKER

powered by
    
    
    
  

lifehacker

Recommended

© mediagene Inc.